魚を一網打尽!ジグサビキのおすすめの仕掛けや釣り方を解説!

道糸② 中型魚・大型魚を狙う場合

中型魚・大型魚を狙う場合には、仕掛けを遠くまで投げる必要があります。そのためには、細くて空気抵抗の少ないPEラインが向いています。ただ、フロロカーボンに比べると水になじみにくいので、そのぶんメタルジグを少し重いものにする必要があります。道糸についてはこちらの記事でご紹介していますので、参考にしてください。

リール

リールについては、リフトアンドフォールの際に道糸を巻き取りやすいものを選ぶ必要があります。そのためには、スピニングリールが向いています。その中でも、とくに細やかな巻取りが可能になる、ギア比の高いリールを選ぶとよいでしょう。

奥の深いジグサビキをマスターしよう!

ジグサビキは、様々な種類の魚に対応できる釣り方です。それだけに、ターゲットによって仕掛けやタックルを使い分ける必要がある、奥の深い釣り方だといえるでしょう。今回の記事を参考にして、ぜひジグサビキマスターを目指してみてください。

朝マズメに関する記事はこちら

道糸に関する記事はこちら