ウミケムシって何?その生態や特徴、刺された時の対処法までをご紹介

海毛虫を釣ってしまう??

釣り人は特に注意

キスやカレイを釣りに行く人は、よく釣りの万能エサのゴカイをエサとしてよく使うことがあると思いますが、ゴカイをエサに釣りをするなら、ウミケムシに注意する必要があります。ウミケムシのエサとする食べ物が、ゴカイだからです。釣りのエサとして、ゴカイを海中に投げ入れたら、浮いてきたゴカイを 見つけて、パクリとウミケムシが飛びついてしまうかもしれません。そして、腕に重さと振動を感じて引き上げてみたら、ゴカイが釣れた、いや、これはウミケムシだという具合に、頭を混乱させてしまうことも出てきます。実際、ゴカイをエサにすると、ウミケムシを釣ってしまったということは、釣り人の間ではよくある話のようです。

素手では触るな、危険

もし、仮にウミケムシを釣ってしまったら、その時は、一番注意しなければならないのが、素手では触らないということです。毒針を潜めているウミケムシなので、いつただの体毛が毒針になるか、こちらは警戒しなければならないのです。毒針が刺さってしまったら、魚を釣るために出かけたのが、全てウミケムシの毒針を抜くための1日に早変わりしてしまうのですから。

ウミケムシを釣らない工夫があります

ウミケムシを釣らないようにする工夫としてできることが一つあります。それは、竿を投げて魚が食いつくまでに、こまめにエサを動かせば、ウミケムシ釣りから逃れる可能性が高まるようです。こちらは、費用がプラスでかかるわけでもないので、釣りに行く際は、試してみてはいかがでしょうか。

まとめ

知識とそれに伴う道具を持っておこう

海と無縁の人でも、海に行く際や、釣りをしに海に行く機会がある人は、何が釣りたいだとか、何をエサにすると釣れやすいだとか、どこで釣れるという釣りの知識よりも先に、海での危険の一つである、ウミケムシのことを知っておきましょう。そして、毒針に刺されても、冷静に対処できるよう、最低限のガムテープや軍手、また、ピンセットなどを持参して、海へ出向きましょう。少し荷物にはなりますが、あるかないかで、刺されたらかなりその後の対処と痛みの期間に影響します。備えあれば憂いなしの言葉に習い、楽しい釣りや海へのお出かけが、そのまま楽しいままで記憶に残るよう、準備万端で出かけましょう。