アメリカナマズとは?釣り方から料理のレシピまでご紹介!

アメリカナマズの釣り方のポイント

水が混じる河川の合流場所や地形が変化している岸壁の際の深みなどが釣りのポイントになります。また良く釣れる時間帯としては、15時位から夜にかけてとされます。例外的に曇りの日や雨の日には一日中釣れることもあるようです。

日本のマナマズの釣り方についてはこちらを参考にしてみてください。

特定外来生物被害防止法について

アメリカナマズは日本の在来種を捕食したり、生態系を損ねたりする特定外来生物に指定されています。これにより許可無く生きたまま運搬できないとされてますので、釣った際に締めた上で持ち帰って食べることになります。

これにはもう一つの考え方があります。頒布や販売の目的の他に繁殖や飼育の目的で運搬するのではなく、持ち帰り殺して食べるための運搬は法の精神に照らしても違法とはならないというものです。

アメリカナマズの食べ方

皮の部分に臭みがあるので、皮を引いてから調理します。もともとアメリカでは白身魚のフライとして食べられています。それでも臭いが気になる場合は、お酒や牛乳に浸けたりすると臭みがとれます。

そもそもアメリカナマズって食べられるの?

元来アメリカナマズは食用目的で移入されたものです。味的にはとても美味な魚とされます。調理法も多岐にわたっていて、フライはほくほくの白身魚フライになります。またかば焼きはウナギ的な味がして美味しいです。

アメリカナマズの注意点

どのような調理の仕方をするにせよ、淡水魚ですので独特の臭みが問題となってきます。皮の部分や内臓などに臭みが溜ってますので、臭みへの対策は生姜等にじっくり漬け込むなど充分するのが大切です。

アメリカナマズの下処理

釣りあげた際、まずは下処理が大事になります。その場で締めて血抜きと内臓などが取り除ければベストです。注意点は鋭い刺が胸ビレにあるので、生きていると怪我をする恐れがある点です。胸ヒレを切ってから、調理するとと安全になります。

アメリカナマズ料理のレシピ「唐揚げ」

レモン胡椒味の特徴

レモンと胡椒がピリッときいたアメリカナマズのサクサク感いっぱいの唐揚げです。レシピの順序どうりにすれば初心者でも、白身のサクサクした唐揚げができます。調理を覚えることで釣りにもさらに力が入ります。

衣がサクサクの唐揚げのおいしいレシピ

(2-3人分)材料Aは、おろしショウガ1欠片分、酒大さじ2、醤油大さじ2、砂糖小さじ2、塩小さじ半分、中華スープの素。材料Bは、小麦粉大さじ3、片栗粉大さじ2、材料Cは小麦粉大さじ2、片栗粉大さじ2、材料Dはレモン果汁大さじ1、コショウ適宜

  1. ナマズの皮のぬめりを取るため、まな板に並べ沸騰したお湯をかけます。
  2. 皮の表面の白くなったところをこそげとります。その後一口大にカットします。
  3. 材料Aをボウルで混ぜカットした切り身を入れます。材料Bを追加して混ぜ、冷蔵庫で1-2時間程味がよく染み込むように寝かせます。その後材料Cを入れもっちりしたらOKです。
  4. 油で揚げますが少し低めで、衣に色がついたら外に2-3分ほど置いておきます(中まで余熱で火が通ります)。
  5. 少し油の温度を高めにして、再びカラッと揚げます。⑥ボウルに材料Dを入れ、唐揚げを軽くからめて完成です。

アメリカナマズ料理のレシピ「蒲焼き」

NEXT 蒲焼きのたれ味の特徴