鱒レンジャーベイトから目が離せない!ベイトフィネス向けやおすすめリールも

鱒レンジャーベイトを使った中・小型のルアーにおすすめ

ミノーやトップウォーターといった、中・小型のルアーではベイトフィネスタックルの方が少しスピニングリールより使い易いです。元来はベイトリールなので、キャスティングの精度やトルクやリールを巻き取るときの安定感から言えば、ベイトフィネスタックルの方が中・小型のルアーを上手に扱うことができます。

また、ベイトフィネスタックルだと、余程の重量があるジグでない限りは、ほとんど問題なく扱えます。これらのジグヘッドやラバージグルアーを使うのも間違い無く、ベイトフィネスタックルが向いています。

鱒レンジャーベイトにおすすめのリール

鱒レンジャーベイトにおすすめリールは、ベイトタックルです。今までも説明をしてきた通り、軽いルアーを投げられるようにスプールを極限までに軽量化して、ラインも巻く総数を減らすことで、更にスプール自体も軽量化して、そして高品質のベアリングとハイギアを組み合により、ベイトタックルでも軽いルアーでも投げれるようにしました。

そんなベイトフィネスに中から、鱒レンジャーベイトにピッタリのおすすめリールをピックアップしました。鱒レンジャーベイト自体が軽量なため、アンマッチなリールでは扱いにくくなりますので、その当たりを重点に選出しました。

SHIMANO アルデバラン BFS XG

シマノがベイトフィネスを快適に使うために開発した新しいマグネットブレーキイングシステムが、FTBです。今までの主流のブレーキシステムは、遠心ブレーキやマグネットブレーキでしたが、FTBは、この2つのブレーキシステムの良いところを合わせて作られているので、より軽いルアーを快適に遠くまで飛ばすことができます。

そのため3g以上のルアーでも自由に扱えて更に繊細にアプローチできる優れたフィネスリールです。 渓流や湖や海といったあらゆるフィールドに対応しているベイトフィネスのオールラウンダーです軽量ルアーに合わせるのに最適の ベイトフィネスリールですから、鱒レンジャーベイトにもピッタリのリールです。

SHIMANO アルデバラン MGL 30HG

シマノが発売しているベイトリールのアルデバランシリーズで、2018年に新たな設計が行われた「シャロ―化マグナムライトスプール」を搭載して新登場しました。軽量ルアーを扱うアングラーにとっては、力強いアイテムとなるモデルです。

新規に設計されたシャロ―化により、マグナムライトスプールを搭載した「18アルデバラン」となります。特に軽量ルアーを軽快にキャスティングするときには、バスのみならず、ソルトでもベイトフィネスが楽しめます。勿論、鱒レンジャーベイトにとってもとても扱い易いリールです。

DAIWA アルファス エア 7.2

新規に設計されたG1ジュラルミン製のエアスプールの搭載で、淡水も海でのルアーまで幅広く対応しています。ベイトフィネスとしての性能を持ちながらも、ギヤ比を見直したことにより、投げて巻くまでの万能性もあります。

程よいマイルドさは、コアアングラーにとってもビギナーまでが、使いやすいく扱える点が特長です。6lb.~12lb.クラスの釣りを幅広くカバーし、オカからもボートからも、そしてソルトウォーターフィネスまで、鱒レンジャーベイトにも対応した好バランスのベイトフィネスリールです。

DAIWA ジオリンSV TW1016SV-SH

ブレーキ調整を基準通りにきちんと設定すればバックラッシュはかなり減るので、無用なストレスを感じることも無く釣りが楽しめます。また重いルアーも使えて、その上フィネスな釣りまでも幅広く使うことができるので、鱒レンジャーベイトのと組み合わせは初心者の人にお勧めです。

ただ、初心者の方にとっては少々値段が高くなるかもしれませんが、こらからの釣りを楽しく、そして上手くなるためには、このベイトフィネスリールこそが適当なリールです。デザインの方もかっこいいので、これもまたお勧めポイントとなります。  

鱒レンジャーベイトのアクション方法をご紹介

鱒レンジャーは、ソリッドモデルのグラスファイバーロッドなので、ただひたすらに引張強度が強いため、ここがロッドの粘りとなり、いくら曲げても大丈夫なくらい強いです。この鱒レンジャーベイトのアクションは、正にグラスファイバーの曲がり方をします。

実際に鱒レンジャーベイトを曲げてみると、よく曲がるのは竿の先端部分になります。中間部から根本にかけては、しっかりしてグニャリとは曲がりません。バッドパワーは確実に確保されていますが、引き込まれても限界まで曲がらないので、大きな魚とも充分にやりとりでします。この特徴を理解したアクションが必要です。

鱒レンジャーベイトのアクションを動画でご紹介

NEXT 鱒レンジャーベイトを使う際の注意点