メバルの時期を知ろう!メバルの時期でサイズも変わる?

12月のメバルは初心者向き

Free-Photos / Pixabay

この月はメバル好みの海水の温度になることと、産卵期に入る為サイズは小さいものが多いですが、初心者でもバンバン釣れやすいことからはまるきっかけとなるシーズンです。主に岸の壁沿いやテトラポット付近などの好きそうな場所を中心に選んでいくことで、ほぼ確実に釣り上げることができます。

1月のメバルはテクニックを活かそう

産卵が終わっているものと終わっていないものが混ざっているこの月は、水温も完全に下がり切ってしまい、動きが鈍くなりはじめてしまうためなるべく寒い風がガードできる場所を探っていったり、まだ産卵期前の群れなどを探し当てて釣果につなげていくことがポイントとなります。

2月のメバルはポイント選びが重要

nic96 / Pixabay

完全に産卵時期が終わって、体力がなくなって元気はあまりなく、さらに水温も下がっているため釣るには少し工夫が必要となってくる時期です。そのため温排水のある工場付近などのポイントや風の影響の少ない場所などを選んでいき、狙いを定めていけば釣れる可能性が高くあります。

冬のメバルの釣り方

1月頃までは産卵の時期にあたり釣りやすいシーズンですが、産卵期の前の様態を釣った折には、成長に時間のかかる根魚の今後のことも配慮していくことが大切です。

2月のポイント選びとしては、怖がりのメバルの特徴を考えテトラポット、岩場、船着き場といった隠れスポットで藻えび、アオイソメなどの好物のいる場所付近を中心に狙っていくことで釣れる見込みは上がってきます。

メバルの釣り方を抑えよう

巻いて引いていく釣りでアクションを作っていきますが、その日のメバルの機嫌や動きなどに合わせながら色々と変えていくことが大切です。

メバル釣りのアクション①表層リトリーブ

出典:FISHERS

中層、表層まで出てくるメバルを狙い、なるべくロットは立てて投げてゆっくり引いていくように表層でのワームアクションをします。

メバル釣りのアクション②レンジキープリトリーブ

狙い目にワームを落としレンジをキープしたままリトリーブさせる方法ですこの方法は、どれだけ上手にできるかが釣果につながります。日によっての風や潮の向きや強さなどが違う為、ジグヘッドの重さを変えたりしながらやっていくことが必要です。

メバル釣りのアクション③ダートアクション

狙いたい所までワームを入れていき、ツンツンとロットでワームの動きのアピールを強くしていき、しかりアタリをつかんでいくことが重要です。

メバル釣りにおすすめのタックルをご紹介

NEXT メバル釣りのタックル|ロッド