ブルーギルとはどんな魚?釣りの方法や料理のレシピをご紹介します!

川の流れを見よう

ブルーギルは主にため池や川の流れが穏やかな場所に生息しています。川釣りであれば流れの穏やかな小川や緩流域を選ぶと良いでしょう。岩や流木、複雑な地形の場所を好み多くの個体が密集して過ごしています。若い個体は表層で動き回りますが、成熟した個体になると深層に身を潜めていることが多いです。

ブルーギルはブラックバスを狙えば釣れる?

基本的にブラックバスと生息地域、生育形態は類似しているため、ブラックバスを狙えばブルーギルも釣る事は可能です。しかし、ブラックバスと比べ口が小さいので、小さくて細い針が適しています(3〜5号程度)。釣りといえば琵琶湖のバス釣りです。下記に琵琶湖で釣りをする方への最新情報が載っているこちらの記事も参照下さい。

ブルーギルは初心者でも釣りやすい!

前述したようにブルーギルは好奇心旺盛で警戒心が低いため、釣りを始めたばかりの方にはおすすめです。体高であり、体の大きさの割には引きが強いため釣りをしている感覚や釣る楽しさを味わう事が出来ます。

ブルーギルのリリースは禁止されている

ブルーギルの繁殖能力や生命力、捕食力で生態系のバランスが崩れており、かなりの問題となっています。国内では、オオクチバスと同様に外来生物法で特定外来生物とされ、全国的に駆除や搬入、繁殖の阻止が行われています。そのため、釣ったブルーギル等の特定外来生物は再リリース禁止となっています。

ブルーギルは料理できる

ブルーギルは、食用として国内に持ち込まれた魚であるため、食べる事が出来ます。原産国である北アメリカではサイズが大きく、身は白身であるためムニエルやフライ、バター炒めで食されます。ブルーギルのリリースは禁止されているため、自宅に持ち帰り料理をする事も良いかもしれません。

ブルーギルは意外とおいしい

ブルーギルは、小骨が大きく、生臭い匂いがする事から嫌えんされてきました。しかし下処理をしっかりし匂いを消す様に工夫をすると美味しく食べる事が出来ます。身はタラ等に近く、味も浸みやすいため料理の幅く、味を楽しむことが出来ます。

ブルーギルを生で食べる事は危険

ブルーギルを食べる時は生身の肉(刺身)は避けた方が良いです。汚染された水でも生息が出来るため、微生物や汚染された小魚を食べており内容物に寄生虫が繁殖している事が多いです。身は生臭く火を通しての処理をしなければ危険です。

ブルーギル料理のレシピ①|天ぷら

ブルーギル料理のレシピ①|天ぷら 材料

材料は、天ぷら粉、天つゆ、ブルーギルです。

NEXT ブルーギル料理のレシピ①|天ぷらの特徴、コツ、ポイント