カスベとはなに?煮つけや唐揚げの食べ方を紹介!下処理の方法も!

カスベの下処理の方法

カスベは臭いが気になる方も多いと思います。きちんとした下処理を行ってできるだけその不快な臭いを取り除く必要があります。きちんと処理を行うとやみつきになる程の美味しいカスベ料理ができますので是非参考にしてみてください。

カスベの下処理の方法①適当な大きさに切り分ける

カスベは棘もあるため軍手をはめて捌くとよいです。まずしっぽにあたる部分を先に切り落とします。そして左右の鰭の部分を付け根から切り、中央と左右の鰭に分けます。その際ほっぺも切っておきます。鰭の皮を剥ぐ場合は身と皮の間に包丁を入れすき間を作りペンチなどで剥いでいきます。

ヌメリがあって滑る場合はキッチンペーパー等で押さえます。かなり力のいる作業になります。カスベは煮物や刺身、唐揚げなど様々な料理に使用できますので作る料理に合わせて切り分ける大きさを変えます。唐揚げは一口大に切ったり煮物の場合は煮崩れしない大きさに切り分けたりします。

カスベの下処理の方法②さっと煮る

カスベの独特の臭いを落とすために切り分けた身をさっと煮ます。余裕のある場合はゆっくり時間をかけて下茹でをするとしっかり臭みが取れるので理想的です。その際は数回に分けて水を変えてください。

カスベの下処理のポイント

カスベはまずヌメリをよく洗ってから切り落とすことが大事です。胴体と尾は食べず鰭と肝、ほっぺを主に食べます。カスベの独特の臭いであるアンモニアは水に溶けやすい水溶性なので、下茹ではできれば一日かけて行うと臭みがしっかりとれます。酒や酢やしょうがで臭みをとることも重要です。

カスベの食べ方をご紹介|煮つけ

カスベには様々な食べ方があります。代表的な食べ方はやはり煮つけです。ショウガ、酒、酢、梅干し等の調味料で臭みを消しコトコト煮る煮付けは各家庭の味付けでカスベを楽しむための料理といえます。

カスベと言えば煮つけ

カスベの煮付けは各家庭の普段の煮つけと同じ要領で煮付けていきます。ただ、カスベの味はあっさりと淡白な味わいなのでご飯と食べるには少し濃い目に味付けするとよいです。煮る時間は短時間ですが、少しおいてから食べると味がしみ込んで更に美味しくなります。

カスベの煮つけレシピ

カスベを適当な大きさに切り酒をふるっておきます。少し時間をおいてから調味料を入れカスベを皮側から入れて煮付けていきます。臭い消しの為に酢や梅干しを入れるとくせを取り除く事ができ、煮崩れも防げるのでおすすめです。

カスベの食べ方をご紹介|唐揚げ

カスベの食べ方で煮つけの次に定番となるのが唐揚げです。カラット揚がったカスベのから揚げは中身が柔らかくジューシーです。そして軟骨のコリコリした食感も楽しめるので何とも言えない食感が病みつきになります。

NEXT 唐揚げの特徴