ケシュアのポップアップテントが人気!おすすめ10選を徹底比較

ポップアップテント設営・撤収時の注意点

撤収時の動画を確認していただければわかるのですが、撤収の際にはテント内部のオレンジ色のアタッチメントを引っ張る必要があります。最初は引っ張ってい大丈夫かどうか不安になるかもしれませんが、一気にグイッと引っ張りましょう。

袋に入れる際には、少しかさばりますので、そのままでは中で生地がこすれて痛んでしまいます。ポールスリーブを外側にすることでこすれることがないように注意しましょう。

ケシュアポップアップテントは冬も使用できる?

簡単で素早い設営が魅力のケシュアポップアップテント。通気性を重視したAIRモデルや遮熱性を重視したFRESHモデルなど、ラインナップの展開もさまざまです、夏場は特に快適に過ごせる工夫がなされています。

「冬場での使用には向かない」という口コミを見かけました。確かに単体で利用するには少し心もとないかもしれませんが、工夫次第で冬場に使うことももちろん可能ですよ。

冬の使用はしっかり寒さ対策が必要

ケシュアの製品に限ったことではありませんが、基本的にテントは布一枚です。ケシュアのポップアップテントのように「サイドパネルから冷気が入ってくる」や「地面からの冷気が防げない」などのような製品ごとの違いももちろんありますが、そういった部分に対して、自分なりの工夫をして対策するのもキャンプの楽しみの一つですよね。

通気性の良いモデルですが、冬場はメッシュスクリーンを全閉にしてなるべく冷気が室内に侵入しないようにしましょう。また、地面からの冷気を防ぐために銀マットを使用する、厚手のシュラフを利用するなど寒さ対策をしっかりとしてキャンプに臨みましょう。下記のカンガルースタイルを取り入れるのもおすすめの手段です。

今人気の【カンガルースタイル】を楽しもう!

「カンガルースタイル」というキャンプスタイルをご存知でしょうか?今回ご紹介しているポップアップテントのように、設営が比較的簡単で小型のテントと相性の良いキャンプスタイルですので、ポップアップテントの購入を検討する際には、ぜひご自身のキャンプスタイルに取り入れてみてはいかがでしょうか。

カンガルースタイルってなに?

春や秋の初めの時期、テント1つでキャンプするのはちょっと肌寒いかなというときにおすすめのスタイルです。屋根代わりのテントやシェルターを設営した中に、ソロ用の小さなサイズのテントを設営する方法で、外気との接触を避けることができるキャンプスタイルです。

ポップアップテントとの相性抜群!

ケシュアのポップアップテントの場合、結露の心配も無くコンパクトなのでこのスタイルにはぴったり。また、ポップアップテントを単体で使用する場合、雨の日の出入りの際にテント内が濡れてしまったり、冬場の冷気を遮断することができなかったりという短所がありますが、それもこのスタイルならカバーすることができるので、相性が良いスタイルと言えるでしょう。

レイアウトが自由に楽しめる

カンガルースタイルのもう一つの魅力は、テント内のレイアウトの自由度が高いということです。シェルターとテントが一体となっている2ルームテントの場合はテントの位置が固定で、かつ設営も1人では少し難しいのが難点です。

一方、カンガルースタイルを取り入れれば、インナーテントの設営は素早く行うことができ、自由な位置に置くことができるため、リビングスペースを自分の好みにレイアウトすることができるのです。

ケシュアポップアップテントと使いたいタープ:FRESH・UVカット

出典:DECATHLON

スペック

  • 使用時サイズ:900*900cm
  • 収納時サイズ:39*11cm
  • 重量    :2.6㎏
  • 材質    :ポリエステル、スチール
NEXT 「FRESH」の機能を持ったUVカットタープ