投げ釣り仕掛け大全!種類や自作方法、ターゲット別の仕掛けを解説!

中通し仕掛けで狙える魚は大物が多い!

中通し仕掛けは別名で「ぶっこみ釣り」とも呼ばれます。ぶっこみ釣りで狙う魚は大物が多いです。ターゲットとなる魚は、クロダイ、スズキ、マダイ、うなぎ、キジハタなど豊富な顔ぶれです。シンプルな仕掛けで作るのも簡単です。

ぶっこみ釣りの基本は置き竿

ぶっこみ釣りの基本は置き竿です。置き竿だから、素早い合わせを入れることはできません。魚はハリを見分けて吐き出してしまいそうです。合わせをいれなくてもハリがしっかりかかるのは、向こう合わせという魚が勝手にハリに掛かっているからです。

投げ釣り仕掛けの自作方法を解説!

投げ釣り仕掛けの自作の方法を解説していきます。仕掛けを作ったことがないビギナーの方でも分かりやすいように仕掛けを構成するアイテムから紹介します。作成する仕掛けは天秤投げ釣り仕掛けの2本ハリ使用。必要な仕掛けアイテムは6種類です。

自作時の仕掛けアイテム① スナップ付きスイベル

出典:楽天

リールから出てきた道糸に最初に結ぶのがスナップ付きスイベルです。サルカンとも呼ばれます。スナップは安全ピンのような形状で、仕掛けやオモリをワンタッチで接続することが出来るフックの構造になっています。

スイベル(より戻し)の役目は意外と大事

スイベルは回転式になっています。この回転はラインや仕掛けが生じる「よれ」を防ぐもの。スイベルが無いと各所で発生するよれがハリまで伝わりエサがクルクル回転することになります。回転するエサには魚は食いつきません。

自作時の仕掛けアイテム② 天秤

出典:楽天

天秤はL字型になった海藻天秤を使用します。道糸に結んだスナップ付きスイベルに連結します。オモリのサイズは25号。このサイズは飛ばす距離、ターゲット、潮の流れ窓の状況に応じて臨機応変に変えていきます。

アームの長さがラインの絡みを防止する

出典:楽天

天秤の針金のアームの長さがラインの絡みを防止する働きをします。アームの分だけ道糸と仕掛け本体の間に空間が出来るのです。アームは持ち運びに便利なように閉じている物があるので使用前に90度に広げます。

ジェット天秤とは?

出典:楽天

投げ釣りの天秤仕掛けにはL字型の海藻天秤の他にジェット天秤があります。ジェット天秤の良さは根掛かりしにくいところ。リールを巻くと一直線になるので障害物に引っかかりにくいです。また、オモリにプロペラの様な構造があり、リールを巻くと水流によって浮き上がる力が発生し「底」が簡単に切れます。

潮の流れが速い時はスパイク天秤

出典:楽天

魚は潮が動いていないと釣れません。大物を狙う時は特に潮の流通しを意識します。ところが潮の流れが速すぎると釣りになりません。そんなときの使いたいのがスパイクオモリ。その名の通りオモリに棘の様なスパイクがあります。

NEXT 自作時の仕掛けアイテム③ 幹糸