「象の足」を見たら即死?チェルノブイリ原発事故・負の産物の現在に迫る

チェルノブイリ原発事故で生まれた「象の足」は「見たら死ぬ」と言われており、現在も高い放射線量を放ち続けています。ここでは、象の足という物体についての解説と、象の足が生まれた経緯、現在の象の足の状態や福島に象の足があるという噂まで紹介します。 象の足とは?チェルノブイリ原発事故で生まれた物体 Lichtsammler /