乙羽信子の死因や代表作を紹介!宝塚の経歴と映画監督の夫と子供も!

乙羽信子はおしんの晩年役などで知られる昭和の名女優の一人で、1994年に肝硬変で亡くなっています。「愛妻物語」や「落葉樹」など夫である新藤兼人監督の作品に出演し、多くの大ヒットを生み出しました。乙羽信子は宝塚でも活動しており、人気の娘役でした。 乙羽信子とは?元宝塚の映画女優! Free-Photos /