バスプロ青木大介ってどんな人?これまでの経歴や実績などまとめて解説!

結婚後のプレッシャーは?

愛する奥様と2010年に結婚した青木大介さん。しかし、心の中では不安もあったそうです。バスプロの収入事情はプロスポーツ選手同様、結果が全て収入に反映されます。結果が出ないと収入はゼロ。生活費も必要な上、仕事に必要な車やボートの維持費にかかる数百万は絶対に必要です。結果が出ないとかなりのプレッシャーにはなりそうです。

そのプレッシャーを活かしたハングリー精神??

結果が全てのバスプロ界に君臨し続けている青木大介さん。金銭的な事ももちろんあるでしょうが、愛する奥様とお子様を養っていかなくては!っとの強い気持ちで、下積み時代の脅威のハングリー精神でメキメキと頭角を現すようになり、常に結果も残せるようになっていきました。これぞ愛の力が生み出したバスプロ青木大介さんの脅威の実力です!

輝かしい実績を持つ!青木大介さん!結婚後は脅威の記録を解説!

  • 2008年 JB TOP50 年間成績 第1位・第1戦 第2位・第3戦 優勝
  • 2009年 JB TOP50 年間成績 第4位・第2戦 第2位・第4戦 優勝
  • 2010年 JB TOP50 年間成績 第2位・JBエリート5 優勝・JB河口湖A年間成績 第5位
  • 2011年 JB TOP50 年間成績 第2位・第1戦 第3位・第2戦 優勝・第4戦 第4位・JBエリート5 優勝
  • 2012年 JBジャパンスーパーバスクラシック 優勝・ルアーマガジン陸王チャンピオンカーニバル 優勝
  • 2013年 JB TOP50 年間成績 第4位
  • 2014年 JB TOP50 年間成績 第5位・JBエリート5 優勝・バザーオールスタークラシック 優勝
  • 2015年 JB TOP50 年間成績 優勝・バザーオールスタークラシック 優勝
  • 2016年 JB TOP50 年間成績 第4位
  • 2017年 JP TOP50 年間成績 第1位・JB TOP50 第2戦 優勝・JB TOP50 第4戦 優勝

青木プロが脅威の実績を残せる愛用のタックルケースの中身を解説

まず初心者さん用に釣り用語の解説です。タックルとは釣り道具全般の事をいいます。釣り道具を収納するケースをタックルボックスといいます。バスプロの王者、青木大介さん愛用のタックルとは自社製品である「DSYILE」製のタックルも多く使っているそうです。

タックルボックスの中身とは???

「DSYILE」ロゴがかっこいい青木大介さんの自社ブラントのタックルボックスの中には、レギュラールアーやクランク、プラグ、ワーム、モッサ、レインスワンプミニ等、ラインナップが多岐にわたる、種類豊富なタックル達がケースごとにアイテム分けして収納されているようです。

青木プロの強い秘密?タックルの収納の仕方

日本一のバスプロの青木大介さんなので、数えきれない程のたくさんのタックル類を常に持っているのかと思っていましたが、必要な時に必要なタックルを使えるように厳選されたタックルを揃えているようです。やはり王者ともなるとタックル類もスマートにしているのですね。

できる男は違う!試合ごとに中身を入れ替える!

王者ともなれば、タックル類もスマートにしているので、整理整頓の方も几帳面に整理されているのかというとそうでもなく、キッチリ収納ではなくザックリ収納だそうです。しかし、試合ごとに使えそうなタックルを入念に厳選しタックルケースにザックリ収納しているようです。

バスプロ青木大介さんの自社タックル

青木大介さんの個人事務所「DSYILE」の自社製品も年々種類も増えているそうです。青木大介さん自身のタックル類の数も自社製品が充実してきたからスマートでいられるのかもしれません。「DSYILE」は全体的にオシャレで人気がありタックルポーチは普段使いもできる為、品切れが多いそうです。

バスプロの青木大介さん達の気になる年収を徹底解説!!!

バスプロの王者である青木大介さんの輝かしい活躍ぶり見事です!特にご結婚された2010年を境に大活躍です!そんな青木大介さんの年収も気になるところですよね。前途にもありますが、結果が出ないと収入はゼロの世界です。聞くところによると、バスプロの方の平均的な月収はスポンサー契約をした場合、250万から1000万らしいです。

NEXT バスプロ!青木大介さんの実績と共に上昇する驚愕の年収!!!