日本と世界で起きた奇妙な事件20選!謎が残る未解決事件の真相に迫る

現在も謎が残る奇妙な事件。どうしてその事件が起こったのか、犯人はどうやって殺人に及んだのか、未だに現象の説明がつかない事件や真犯人がわからない事件が存在します。そんな海外と日本に存在する奇妙な事件をランキング形式でご紹介します!

この記事をかいた人

初めまして。皆様の関心と興味を引き付ける記事をたくさん書いていきます!

目次

日本で起きた奇妙な事件10選をご紹介!

B_Me / Pixabay

皆さんは『事件』と聞くとまず真っ先に何が思いつきますか?恐らくは犯罪であったり殺人や傷害など人間が傷つけられてしまった事案を想像されるのではないでしょうか。勿論それも事件になりますが、民事的な問題や税金を滞納したり戸籍上で違法なことも事件と呼びます。

裁判沙汰になりそうなことはほぼ全て事件と呼ぶのですが、また犯罪や違法などの法律に関わらない事象、人々たちのセンセーショナルを集めた出来事や話題になったニュースなんかも事件と呼ぶのです。まずは日本で起きた謎が多く理解しがたい『奇妙な事件』10選を皆さんにご紹介していきます。

日本の奇妙な事件第10位:プチエンジェル事件

darksouls1 / Pixabay

可愛いらしいその名称を聞くと、一見微笑ましく和やかな出来事を想像してしまいがちですが、実際は人が亡くなっていて『誘拐』や『監禁』といったれっきとした犯罪が行われている事件なのです。また腑に落ちない点が多く、本当であれば恐ろしい噂や陰謀説がささやかれているのです。

2019年現在でも多くの日本人が、平成に起きた『やばい事件』や検索してはいけない言葉のように捉えていて、しばしば各所で話題になりその名が挙がる事があります。では一体どんな事件だったのでしょうか?詳しくその概要を見ていきましょう。詳しい詳細はこちらの記事を合わせてご覧ください。

デートクラブでの女子児童監禁事件

bridgesward / Pixabay

その可愛いらしい名称の正体は水商売店や風俗店の名前で犯人は社長であり、未成年の少女を働かせている違法な売春をしていたのです。平成15年7月に犯人は東京都港区の短期賃貸型マンションを知人名義で借りました。そして石炭や木炭と炭火焼きに用いるようなしちりんを購入して、更に他人を縛るような拘束アイテムを購入しました。

数日後に過去に接触していた1人の少女を含む4人の未成年の少女に、自宅の掃除をしたら小学生であればまず手にすることができないお金を上げるといって借りていた短期賃貸型マンションにおびき寄せると、高圧的な言葉や態度、そして凶器で脅して彼女たちを予め用意していた拘束アイテムで、逃げれないようにして一室で数日間拘束しました。

犯人練炭自殺で死亡。しかし不可能という説も

Free-Photos / Pixabay

犯人がなぜ少女たちを自宅におびき寄せて拘束した理由も一切判明していません。それは犯人の口から動機を問う事が出来なくなってしまったからなのです。被害者である少女が拘束された後、犯人が未成年の少女たちを売春させている容疑が生まれて、警察は現場となる短期賃貸型マンションの近辺で調査や聞き込みを開始しました。

そしてその翌日予め購入して用意していた『木炭』や『石炭』、『しちりん』を用いて部屋に多量に吸い込むと害のある空気を充満させて『自害』しました。しかしこの時充満させるためにテントやビニールハウスの状況下を作り出して自害したのですが、専門家によれば充満する前に『穴』が空き、空気は充満せず死に至るのは限りなく不可能であると証言してるのです。

突然打ち切られた捜査と陰謀論

Defence-Imagery / Pixabay

まずなぜこのタイミングで『自害』したのかも、命を絶った理由すら分かっていません。さらに警察は拘束されていた少女たちを保護した後、早期の段階で犯人が『自害』したことを前提に捜査が突然打ち切られてしまったのです。いろいろな理由や動機、目的などが判明していなのにもかからわずあまりにも不自然な打ち切りだったのです。

犯人が経営していた違法未成年風俗店のわいせつなビデオと顧客リスト(1000以上)が押収されましたが、実はその顧客リストには世間が知っているような大物政治家や実業家、更には芸能人まで載っていたと噂されているのです。そういった著名人たちの力によって警察の捜査を中止させ、事実を闇に葬ったのではないか、つまりはこの事件には『陰謀論』が現在でも各所で囁かれているのです。

事件関係者が相次ぎ死亡?

Pexels / Pixabay

さきほど解説した『陰謀論』の信憑性を高めるエピソードが事件の後に起こっています。そのような噂や諸説を信じる世間の様に、何か裏があり闇が深いと睨んだあるジャーナリストがこの事件について調査して、自害した犯人周りや違法未成年風俗店などの情報を聞き込みしたり、取材したりして集めていました。(一説によれば重要な顧客リストにたどり着いたと言われている)

しかしそのジャーナリストは取材を進めていくある日に、自分の身に命の危険が差し迫っている事を感じて、何人かの知人に『殺されるかも・・・』と話していました。そして数日後奇しくも彼は本当に殺害されてしまったのです。犯人は複数人いましたが彼が追っていた事件には関与していない人物らしいのですが、真相は分かっておりません。

犯人の家族や被害者女性たちも?

一体なぜなのか?自ら命を絶った犯人ですが、生活に支障をきたす『病気』を患っていたらしく、常々知人に『死にたい』と話していました。実は彼の家族は父親、母親、兄がいましたが、事件の数年前に心中していてこの世を去っていたのです。母親のみは『未遂』で済んで一命をとりとめたそうです。また被害者女性たちも『死亡』したという噂もあります。

日本の奇妙な事件第9位:岡山地底湖行方不明事件

pixel2013 / Pixabay

ある男性が突如不可思議な現象が起きたのか、突如その場からいなくなってしまったそうです。その場には男性が所属していたあるグループのメンバーが数人居合わせていたのです。また男性は人の手を借りないと危ない状況に飛び込んでおり、居合わせていたメンバーはどうやら助けようとはしなかったらしいのです。

かなり抽象的に説明した内容だけでも『裏』があると感じたり、居合わせていたメンバーが『怪しい』と感じますよね。ですがこちらでご紹介する第9位の事件は更に闇が深く、腑に落ちない点だらけだったのです。ではどんな内容であるかその詳細や概要をまとめていきます。

岡山の鍾乳洞の地底湖で大学生が行方不明に

NEXT 岡山の鍾乳洞の地底湖で大学生が行方不明に