オシアカルカッタでジギング攻略!インプレやラインナップごとの特徴も!

ハイギア設計

ギア比は6.7:1です。また、最大ドラグ力は5.0kgです。自重は285kgで、200PGと同じです。スペックからも、200PGと同じで、ギア数が高いのがわかります。また、ハンドル長も45mmで安定した長さです。同じく、E.I.処理が施されていて、海水OK、シャワー洗浄もOKの性能です。他は、200HGと変わらないスペックです。

  • X-SHIP
  • Sコンパクトボディ
  • E.I.
  • カーボンクロスワッシャー搭載

オシアカルカッタのラインナップをご紹介|201HG

シマノ (SHIMANO) ベイトリール 11 オシアカルカッタ 201HG 左ハンドル

Amazonで見る

200の左利き用201HGです。スペック・特徴は200HGと同じです。ちなみにHGリールの特徴ですが、巻き量が多い為に、抵抗が生じやすいという特徴があります。こちらのHGシリーズでは、巻き上げ途中の水流の変化などに敏感な特性も兼ね備えているので、水流に合わせて調節していくことが出来ます。

オシアカルカッタのラインナップをご紹介|300HG

シマノ リール 13 オシア カルカッタ 300HG

Amazonで見る

オシアカルカッタの最大サイズ、300番のシリーズです。自重感も200と比べ重く、大きな青物とのファイトが望めます。剛性感やカヤパシティなどを求める人へおすすめのリールです。ルアーキャスティング(遠投)などを試みるのであれば所持していたいアイテムです。

ハンドルがシングルタイプ

見た目の特徴でいうと、持ち手の部分がシングルになっているところです。またサイズ感は200シリーズと比べると少し大きめです。ハンドル長さも、700cmほどあります。大きなリールで重みもあり、剛性感も兼ね備えているものですが、ロッドとの組み合わせはバランスを見ながら選ぶ必要があります。

パワー重視のスペック

ギア比は6.0、最大ドラグ力も6.0kgです。しかし、自重は350kgと、200/201PG/HGとは、一回り重たいスペックです。最大巻き上げ数も81cmで、しっかりガッツリ巻き上げます。他X-SHIPなど、200PG/HGと同様のスペックになります。

  • 海水OK
  • シャワー洗浄OK
  • X-SHIP
  • Sコンパクトボディ
  • E.I.(スプール、ボディ)
  • カーボンクロスワッシャー搭載
  • スーパーフリースプール
  • SVS搭載

オシアカルカッタのラインナップをご紹介|301HG

300の左利き用301HGです。スペック・特徴は300HGと同じです。200/201も同様、また300/301HGもですが、テクニカルなシャクリアクションが出来るのも良い点と言えます。300/301HGに関しては、コンパクトな形状をしている為に、グリッピングも良いグラブ感です。

NEXT タイラバ釣りにはオシアカルカッタがおすすめ!