女史とは?差別用語になってしまった理由と現在の使い方や別の敬称とは?

女史とは古代の日本・中国の女性の役職であり、現在は「教養のある女性」を表す言葉として使われています。しかし、女性を特別扱いする言葉として差別用語に選ばれています。女史の歴史や差別用語として使われるようになった背景を解説します。

この記事をかいた人

読書やキャンプが好きです

女史とは?教養のある女性の意味!現在では差別用語?

sasint / Pixabay

女史というと、堅い雰囲気があり立派な女の人というイメージがあります。しかし、現在は差別的な言葉であるとも言われています。

本来は差別的な意味合いなどはまったく無い単語でしたが、時代の移り変わりにより受け取られ方も変わってきているようです。特にビジネスの場では気をつける必要があるでしょう。

女史の本来の意味とは?本来は女性に敬意をはらう言葉だった

Free-Photos / Pixabay

本来、この古くからの単語は女性に対して敬う気持ちを表す言葉でした。古くから仕事をする女の人というのは珍しく、そのような女の人を敬って呼ぶ際の呼び方だったのです。

女史の本来の意味①文書の事務を扱った役職

digitlchic / Pixabay

昔この単語は日本でも中国でも使われていました。日本でも中国でも同じような意味で使われており、文書の事務を扱った役職に対する呼び方です。

誰もが就くことができるわけではない地位の呼び方であったので、もちろんさげすむような意味はまったくありませんでした。男中心であった当時において女の人ながらに活躍する人々がいたのです。

女史の日本での意味

JamesDeMers / Pixabay

日本では、700年代に、大宝律令、養老律令などが定められました。この中で、この言葉は女官の役職として定められています。これは、後宮で書物を扱う立場です。後宮というのは、后などの住む宮殿を指します。

書物を扱うとなると後宮の女の人の中でもエリートと言える女の人であったことでしょう。

女史の中国での意味

Cimberley / Pixabay

中国では、古代に皇帝や后の御礼の言葉や礼儀に関すること、宮中に関する記録を扱う役目を負った女官のことを言いました。やはり書物を扱う立場であり、日本での立場に似たところがあります。

女史の本来の意味②地位や教養のある女性に対する敬称

DariuszSankowski / Pixabay

日本や中国で書物を扱った立場であったことから、しだいに、地位や教養のある女の人を敬って呼ぶ際の呼び方になりました。

学者や政治家など男社会の中で広く活躍する女の人、社会的立場や名声のある女の人に敬う気持ちをこめてこの呼び方をするという使い方をされました。

女史の使い方の注意!現在では差別用語になった?!

Anemone123 / Pixabay

この言葉は古くからの立場としての使い方をされていたことから、「~女史」というように名前の後ろにつけて使われるようになりました。

しかし、現在ではこのような使い方をすることが差別的であるとも言われるようになっています。

女史の使われ方①現在も教養のある女性に対して使う

NEXT 女史の使われ方①現在も教養のある女性に対して使う