オシアカルカッタでジギング攻略!インプレやラインナップごとの特徴も!

バーミング性能は、がっちりとしたホールド性能を誇る

オシアカルカッタ200HGシリーズのインプレです。コンパクトなサイズ感に加えて、持ちやすいような形になっていることです。そこで実際のバーミング性能はどうかというと、ガッチリ掴むような感覚で持ちやすいようです。バーミング性能によっては長時間の釣りにも適しているか、考えたいところです。

とても持ちやすい!

というかイメージ的にはワシづかみしやすいですね。

どこの指にも負担なくガッチリとホールドできるので疲れませんね。

この丸形形状はホールド性ベストマッチです。

(引用:黄昏マンボウ釣行紀)

オシアカルカッタのラインナップをご紹介|200PG

シマノ リール 12 オシアカルカッタ 200PG

Amazonで見る

軽量で巻き上げを重視したリールがオシアカルカッタ200シリーズです。画像は、従来版のオシアコンクエストが隣に置かれています。200番・300番同様に、シルバーに施されています。ちなみに、オシアコンクエストと比べると、オシアカルカッタはドラグ音が鳴らないという声があるようです。

コンパクトでなめらか

200は右利き用で末尾に「1」が付くと、左効き用になります。200PGコンパクトなリールサイズで持ちやすいのが特徴です。また、ハンドル部分が樹脂製で、2つ付いています。回転の安定感があるのが魅力です。サビのつきにくい、処理を施してあるのも、ジギング常連者に良心的です。

ギア比が低い

スペックとしては、ギア比が低いこと、最大ドラグ力が6.0kg、自重が軽く285kgであることです。その他シマノ社独自のX-SHIP搭載により、スプールフリー性能などが実現されています。E.I.処理もバッチリでサビのつきにくい、コーティングがなされています。シマノ社比ですが、従来の2倍の耐食性とのことです。

オシアカルカッタのラインナップをご紹介|201PG

200の左利き用201PGです。スペック・特徴は200PGと同じです。同様に、E.I.処理についてですが、スプール部分のみならず、ボディにも施されている為に、内側から海水による錆びも生じにくく長持ち出来るような処理がされているそうです。また、シャワー洗浄も出来るようになっています。

オシアカルカッタのラインナップをご紹介|200HG

シマノ リール オシアカルカッタ 200HG

Amazonで見る

200PGのコンパクトタイプから、素早いジグさばきを意識したハイギア版が、この200HGシリーズとも言えます。右利きの仕様です。ギア数があがることによって、手返し重視の釣りや広範囲で行う釣り、HIT時に一気に巻き上げるような釣りアクションにうってつけです。

200PGのパワーアップ版

200PGと比べハイギア設計になっているのが特徴です。巻き上げ時には、最大で1回転あたり、78cmも巻き上げ可能です。ギア比が低いと、巻き上げが早くなるが、このシリーズは少し高めで、ゆっくりと泳ぐ魚に対応しています。剛性感が200PGよりもアップしたようなシリーズです。青物とのタックルも望めところが魅力です。

NEXT ハイギア設計