オシアカルカッタでジギング攻略!インプレやラインナップごとの特徴も!

タイラバ釣りにはオシアカルカッタがおすすめ!

タイラバ釣りは、リール選びがとても重要です。フォール後に、均速なスピートで巻き上げなければいけなく、癖のあるアクションにも対応した、ドラギングが出来るのがオシオカルカッタです。200や300シリーズどちらでも対応出来るそうですが、持ちやすいボディを選ぶならば300HGがおすすめです。

オシアカルカッタ、200と300どっちがいい?

ここまでで、200はコンパクトで、300はパワフルだということで魅力は伝わったかと思います。しかし、どのタイプを使うと、より効果的なライトショアジギングが楽しめるのでしょうか。今回は初心者向けに、サイズ別の使い分けを紹介します。

青物狙いには300、ライト用には200

釣りの目的によって、タックルを変えるなど、複数のタックルを用意したりするのがツウなやり方です。例えば、300はパワー型のため、青物狙い用で、200はライト用にと準備することです。ラインも比較的細めのラインとの組み合わせが良いですが、青物用に他のラインも準備しておくのも良いです。

高評価の300、ライトな遊びに200

初心者で、「特に大物でもなく、失敗したくない」というのであれば、オシアカルカッタシリーズでも高評価の300HGがおすすめです。こちらは、ギア比もちょうどよく根魚の巻き取りにも不足ない動きをみせます。また、逆にライトな小魚などを狙っているというのであれば、200PGやHGのシリーズで責めるのをおすすめします。

オシアカルカッタとオシアコンクエスト

オシアカルカッタでリール探しをしていると、「オシアコンクエスト」というシリーズもシマノ社で販売されていることがわかると思います。こちらは、オシアカルカッタの上位版であり、ギア比も高くスプール交換機能付きという品物です。とは言っても、オシアカルカッタの方が価格的にとてもリーズナブルではありますので、どちらを選ぶかはどこまでのレベルを求めるか、そしてもちろん財布と相談、ということになるでしょう。

オシアカルカッタでライトショアジギングに挑戦しよう!

水深30メートルほどの深さで勝負をするライトショアジギングですが、滑らかで高性能なドラグ性能がモノを言います。オシアカルカッタでは、そのような、ファイトテンションの激しい、タックルへ対し、ライントラブルも生じにくく、重量も気にならないほどです。10kgの鯉や、アオナなど、大物狙いも楽しめます!

オシアカルカッタに関する記事はこちら

ライトジギングリールに関する記事はこちら