山口敬之の伊藤詩織準強姦事件の真相とは?現在は逆提訴中?

山口敬之とは伊藤詩織さんという女性から準強姦罪で訴えられたフリージャーナリストです。この事件については山口敬之に逮捕状が出される直前で取りやめになったり、2度不起訴になったりと不可解な点が多くあります。この記事では事件の経緯や不可解な点について解説していきます.

この記事をかいた人

福岡県在住の58歳、男性です。 よろしくお願いします。

山口敬之とは?元TBS社員のフリージャーナリスト

2204574 / Pixabay

山口敬之は昭和41年5月4日に東京都に生まれ現在53歳になる。大学生活を終えるとジャーナリストへのおもいをいだきTBS へ入社、報道カメラマンとしてジャーナリストのキャリアをスタートさせるのです。

準強姦を行ったとして訴えられ現在も民事裁判中

geralt / Pixabay

2015年4月3日山口敬之が、知人の女性に酒を飲ませたうえレイプしたことにより準強姦罪で民事裁判を起こされたのですがその後、山口敬之は被害者女性を名誉棄損で反訴し現在も係争中の事件です。

山口敬之が訴えられた伊藤詩織準強姦事件の経緯①

cocoparisienne / Pixabay

山口敬之はこの女性になぜ刑事裁判の案件から、なぜ民事裁判として訴えられたのかその経緯を辿っていきたいと思います。

訴えたのはジャーナリストの伊藤詩織さん

山口敬之を準強姦罪で訴えを起こした女性とは。彼女は1989年に両親、三妹弟の長女として神奈川県で生まれ育った、9歳の頃からモデルとしても活動しニューヨークでは、

ジャーナリズムを学び現在はフリーのジャーナリストとして活動している女性です。

山口敬之に対し伊藤さんから連絡

nastya_gepp / Pixabay

伊藤詩織さん、当時彼女はロイター通信でインターンを務めながら就活中だった。以前、山口敬之から、詩織さんが良ければうちの会社を紹介するよと言われていた、ジャーナリストとしても尊敬する山口敬之の言葉に、

伊藤さんは、この後におこる悲しく辛い事件のことなど想像すらせずに、彼女の方から連絡し山口敬之との約束を取り付けるのです。

食事を共にした後で伊藤さんは意識を失う

kalhh / Pixabay

4月3日伊藤詩織さんは山口敬之と会食した、居酒屋で軽く酒と食事を楽しんだあと、目的であった山口敬之の行きつけの鮨屋へと席をうつします。鮨屋においても日頃から酒に強い伊藤さんは一合、

二合と酒を口へはこんだ、三合目めを注文したころ急に気分が悪くなり、鮨屋で二度目のお手洗いに行くと、その場で耐え切れなくなり便器にくずれこみ意識を失ってしまうのです。

気がついたら強姦されていたとして訴えた

Free-Photos / Pixabay

翌4日早朝、伊藤詩織さんはベッドの上で下腹部に日頃感じることのない強い痛みを感じ目を覚ました。ベッドの上で全裸にされ、仰向けで寝ている伊藤さんに馬乗りの状態で山口敬之の姿があったのです。

強い痛みで目が覚めた伊藤さんは山口敬之によってレイプされたのだと気づいたのです。

準強姦の逮捕状が出るも直前で逮捕取りやめに

NEXT 準強姦の逮捕状が出るも直前で逮捕取りやめに