初心者でも大丈夫!ルアー釣り入門

プラグ・ミノー

プラスチックや木で小魚のように作られていて浮力にあるルアーの総称をプラグまたはミノーと言います。頭部には潜行に必要な「リップ」と呼ばれるプラスチック板が付いています。リップの大きさによって潜行深度が変化します。種類が豊富にあるので釣りたい対象の魚に合わせて選択しましょう。

メタルジグ

スプーンとは異なり、棒状の金属製のルアーで飛距離もあり、潜行速度も速いです。重さがあるため、巻き取っても浮き上がりにくい構造になっていて、川釣りではなく海釣りに向いています。遠投の際は周囲の安全確認をしたうえで行いましょう。

スピナー・バイブレーション

樹脂を使用して生き餌に似せて作った疑似餌の事を指します。細長いミミズのようなタイプからザリガニや魚の形をしたタイプがあります。生き餌が苦手な方には使い勝手がいいですし、川でも海でも使える万能ルアーと言えます。

ルアー釣りの仕掛けはどうすればいい?

魚釣りの仕掛けは魚の数だけあると言われています。ルアー釣りにしても釣りたい魚の種類によって仕掛けを工夫する必要があります。対象魚に合わせて竿・釣り糸・リーダーを変え、ルアーの交換が簡単に出来るようにリーダーとルアーの間に接続器具のスナップで繋いでおくといいでしょう。用途や釣り場によって変える事も大事のようです。

川・海でのルアー釣りの違いは?

ルアー釣りと言っても、川や海での違いがあると思います。どのような違いがあるかご紹介いたします。

川でのルアー釣り

川は範囲や深度に限りがある釣り場ではありますが、流域によって釣れる魚や環境が変化していきます。比較的に水が澄んでいるのでスプーン・スピナー・ミノーの3種類が適しています。中下流域は流れが緩やかなので川でのルアー経験を積んでいくのに絶好の場所でしょう。上流域になると流れが急になるので巧みな技術が必要になってきます。ちなみに釣りを行う川によって遊漁券を購入する必要があったり、禁漁時期や範囲があるので確認しましょう。

海でのルアー釣り

川とは違い、大海原全てが釣りの舞台になります。魚の大きさも種類も変わってきますので好奇心を刺激されるでしょう。重みのあるルアーで遠投を楽しんだり、ルアーだからこそ出来る変則的な動きや豊富なバリエーションを組み合わせて大物に挑み、ルアーゲームを楽しむという醍醐味があります。深度があるから重いメタルジグや音を発生させるバイブレーションなどが活躍するでしょう。

ルアーによって釣れる魚は変わるの?

生餌でも魚を釣る事は可能です。ですが、竿を振った瞬間や着水した時にばらけたり、針から外れてしまう事もあります。そこで便利なのがルアーを使用する事です。生餌を使うと毎回付け替えするのが面倒ですが、ルアーはその不便がありません。では、生餌をルアーに替えることで釣れる魚は変わるのでしょうか。釣具店の方に聞いたところ、ルアーの方が簡単に準備できるが、やはりエサ釣りの方が断然釣れるという事でした。

しかし、ルアーも釣れるように研究され進化しています。進化改良されてきたルアーのおかげで海釣りではカジキやマグロといった大きな魚から、川魚のニジマス・アユ、イワナといった幅広い魚類に対応できます。ルアーのみならずエサなども組み合わせる事で釣果が上がるなどの効果のもあります。ターゲットを絞るとより一層と楽しくなるでしょう。

NEXT ルアー釣りにコツはあるの?