赤いサバ?美しい色をしたハチビキって?生態、料理情報をご紹介!

ハチビキのさばき方

氷水でしめる

釣り上げたら、すぐに血抜きをして鮮度を落とさないように氷水でしっかりと冷やしてください。家に着いたら血合いを切り除いてください。処理をしっかりとしたハチビキは、お刺身やお寿司など生でも美味しく食べることができます。

ウロコを取る

まず、ヒレを落としウロコをとります。ハチビキのウロコは硬くてしっかりとしているので、ウロコ引きなどを使用してください。強くこすりすぎると身を痛めてしまいますが、皮が厚いので多少は問題ありません。ウロコが飛び散ってしまうので、ビニール袋の中で取ることをおすすめします。ウロコを取り終えたら、一度水洗いをしてください。

内臓を取る

頭と内臓を取り除き、お腹の中を洗います。背骨の下にある血の塊も包丁で切り、しっかりと洗い流します。中骨にそって切り取り、三枚におろします。大きめの魚なので、サイズに合った包丁があるとおろしやすいです。

腹骨を切り取る

腹の根に包丁の左面を沿うようにして切ります。小骨は骨抜きで抜きましょう。お刺身や漬け丼にする場合は皮を引いた方が食べやすくなるでしょう。引いた皮は湯引きして氷水で冷やせば、ネギなどと和えて美味しく頂くことができます。

注目度があがっているハチビキをゲットしよう

真っ赤な見た目から「赤サバ」と呼ばれ、敬遠されがちでなかなか流通していませんでしたが、最近は味が美味しいことから評価されるようになってきました。身がしっかりとしていて、さまざまな食べ方に合う万能なお魚です。味もあっさりとしていて美味しく、比較的に値段が安いので、ぜひ味わってみてください。