赤いサバ?美しい色をしたハチビキって?生態、料理情報をご紹介!

サビキ仕釣り

沖釣りでサビキ仕釣りなどで狙うことが出来ます。サビキ仕釣りとは、1本の糸を軸にして針が枝状に伸びている仕かけで釣る手法です。水深100メートル以上の海底近くで釣ることができます。サビキ仕釣りは初心者でも挑戦しやすく、条件によっては短時間で大量に釣り上げることもできます。

時期

ハチビキはほぼ一年中、市場に出回っていますが旬は冬季から夏季です。暖海性の魚であるため、暖かい水域を好み、通常は群れを作って行動しています。マグロやカツオとも違った味がする美味しいお魚で、新鮮なものはお刺身やお寿司で食べるのがおすすめです。

分布

ハチビキは海水魚で、水深100メートルから300メートルの岩礁帯に多く生息しています。水温の高い水域に生息するため、神奈川以南の太平洋岸や琉球列島に分布しています。主な産地は高知県、宮崎県など西日本が多くなっています。東側では静岡県などが主な産地となっていますが、あまり広まってはいません。

漁獲量は多くはない

関東では「赤サバ」と呼ばれ、あまり好まれてきませんでした。西日本でもある程度食べられてはいるものの、認知度は低くあまり食べられていません。そういった事情から、ハチビキ専門の漁はほぼないのが現状で、他の魚と混獲される程度で漁獲量は多くありません。

ハチビキの旬の時期と選び方

旬は冬季から夏季

夏に産卵の時期を迎えるために秋には少し身が痩せてしまうので、その時期は外しましょう。秋以外は美味しく食べられる魚です。ハチビキは、ほぼ一年中市場に出回っていますが、特に美味しい旬の時期は冬季から夏季です。

大きいサイズ

大きいサイズのものは脂がのっていて美味しく頂けますが、小さいサイズのものは脂が少なく、加熱調理するとパサついた感じになるので、なるべく大きいサイズのものを選びましょう。もちろん小さいサイズのものでも、調理方法を工夫することで美味しく食べることができます。

鮮やかさとお腹の硬さ

ハチビキの特徴である赤色が鮮やかで艶があり、お腹を触った際にしっかりとした固さがあるものかをチェックします。大きさが30センチ程の小さなものは脂がのっていないので、60~70センチのなるべく大きなものがおすすめです。また、エラ蓋を開けて、中のエラが鮮やかな赤い色をしていれば新鮮です。

目が澄んで綺麗なもの

目が乾いて窪んでいるものや、白濁しているものは鮮度がよくない可能性があります。澄んで綺麗なものを選びましょう。また、目の周りにはコラーゲンがたっぷりなので、良い出汁をとることができます。かぶと焼きやアラ煮にしても美味しいので、ぜひ鮮度の良いものを選びましょう。

ハチビキの味

あっさりと美味しい

赤色の見た目をしているハチビキですが、見た目だけでなく身自体も赤色をしています。そのため鮮やかな色どりを楽しむことができます。しかし、赤色の身でありながらも、白身魚であるハチビキは加熱すると身の色は白色になります。マグロやカツオのような赤色をしていますが、あっさりとした味がします。さまざまな調理方法合う万能なお魚です。

NEXT ハチビキの美味しい食べ方:お刺身