ホルスの目が持つ意味は?フリーメイソンや第三の目・松果体との関係も

ホルスの目をご存知ですか?有名な漫画「遊戯王」やテレビなどで見たことがあるかもしれません。ホルスの目は色々な意味を持ち、あのフリーメイソンや第三の目とも関係があると言われています。その秘密を徹底解明していきます!

この記事をかいた人

オカルト・ホラー・フォークロア・生き物全般に興味と情熱を注いでいます。

ホルスの目とは

Peter-Lomas / Pixabay

このエキゾチックなマークは「ホルスの目」と呼ばれ、世界でも最も有名なエジプトのシンボルです。博物館の資料で見かけたこともあるのではないでしょうか?これはかつて古代の国において、ただのマークではなく重要な意味や神秘的な効力を持っていました。

実はその影響は日本にまで及んでいた?!どういうことなのか詳しく見ていきましょう。

ホルスの目の起源は古代エジプト

TheDigitalArtist / Pixabay

このシンボルの起源ははるか昔、紀元前数千年前の古代エジプトまでさかのぼります。我々の国では木の実を食べ、三内丸山遺跡が作られはじめたころ、かの国ではファラオによってピラミッドが作られ、そしてシンボルを自分たちの信仰に欠かせないものとして崇めてきました。

では、そもそも「ホルス」とはいったい何なのでしょうか?

ホルスの目は古代エジプトの神・ホルス神が起源

DEZALB / Pixabay

ホルスは古代人たちが崇めていた神々の一柱です。その名の通り目がシンボルマークになりました。両の目はそれぞれ太陽と月であると考えられ、国中の人々から深く信仰されていました。

とりわけファラオ、王家や権力者たちにとっても特別な位置にある神様で、その名は数千年後の現代エジプトにもきちんと残されています。

ホルスの目はピラミッドの壁画などにも描かれている!

lapping / Pixabay

信仰の証として、このシンボルは王家にとってとても重要な建物、ピラミッドからも発見されています。

古代人たちにとって瞳は特に重要なもの、魔術的な要素を秘めたものと考えられていました。盗掘によって荒らされた遺跡の壁画は、何よりもまず目の部分を破壊されていたといいます。盗賊たちも神の力を信じ強く恐れていたのです。

ホルスの目を持つホルス神ってどんな神様?

エジプト神話集成 (ちくま学芸文庫)

Amazonで見る

ではここからは、それほどまでに強大な影響力を持つ神の正体を探っていくことにしましょう。

神話の中でも最も古い来歴を持ち、またあらゆる神と習合された多様な神。太陽と月をまなざしに宿す、古代において最も偉大な存在といわれています。一体どんな見た目をしているのか?名前の意味は?どんな物語があるの?以下に詳細をまとめてみました。

ホルス神はハヤブサの頭を持つ神様

192635 / Pixabay

この画像のようにハヤブサの顔を持つ神様、時に鳥類そのものとして描かれる異形の頭部を持っています。神話の中にはこのように鳥や獣の姿を取り入れた神々が多く見られます。

古代においてこの神は国を統べる者、つまり王位の象徴とされていました。歴代ファラオはみな神の化身であり、人でありながら神そのものとして崇め敬われてきたのです。

ホルスの目の「ホルス」の由来は?

DEZALB / Pixabay

その名の意味は諸説考えられ、エジプト語の「顔」をラテン語にしたという説や、別の単語で上位にあるものを指すという説があります。

どちらにせよルーツはリビアから来た民族の土着神であり、それが国中を征服するうちに数多くの隼神と習合していった、とても強い影響力を持つ神様でした。

父の敵であるセトを征伐

NEXT 父の敵であるセトを征伐