初心者にもやさしいコマセ入門!作り方から使い方までご紹介

コマセ釣り仕掛けの購入方法

コマセ釣りの仕掛けの揃え方

カゴ釣りの仕掛けは、コマセビシはどんな形でどのくらいの大きさが良いの?、この魚にはどんなコマセビシ?、針は?、ウキは必要なの?、と初心者にとっては不安になることが多いと思います。そんな方には、仕掛けがセットになって販売されています。価格もそんなに高くないので、まずはセットの仕掛けからスタートしてみましょう。

コマセの作り方

コマセを作ってみよう

基本的には、オキアミやアミエビ、配合餌を海水で混ぜて作ります。初心者の方は、配合餌の袋に混ぜ方や配合比率が書いてありますので、よく読んでから混ぜてください。また、大きな魚を狙うときは配合餌を使わず、オキアミやアミエビをコマセとしてそのまま使う場合もあります。不安に思っている人も心配はありません。使いやすく、魚がいっぱい寄ってくるように調整されたコマセが市販品として販売されています。初心者の方は、市販品を使って始めるほうが入りやすいかもしれません。

オリジナルコマセを作ってみよう

慣れてくれば、自分で考えてオリジナルのコマセを作るのも面白いと思います。自分のオリジナルのコマセで寄ってきた魚を釣ることができれば、コマセ釣りがより一層楽しくなってきます。コマセ作りからコマセ釣りは始まっているのです。

オキアミ、アミエビ、何が違うの?

エビじゃない!オキアミ

コマセに使われるオキアミを見るとエビのような形をしています。小っちゃいエビか、エビの赤ちゃんかなとも思いますが、よく見ると、はさみがありません。そう、オキアミはエビではありません。軟甲綱(ナンコウコウ)オキアミ科に属するプランクトンです。オキアミの体長は一般的に10~50ミリメートルになり、大きめですのでツケエ(付け餌)としても使用します。魚だけでなく、ヒゲクジラも食べるプランクトンです。実際、人間も揚げたりいためたりして食べています。みんなが食べるということは、おいしい証拠です。コマセとして使用すれば魚がいっぱい寄ってくることでしょう。

エビなの? 違うの? アミエビ

アミエビもコマセによく使われます。アミエビは、文字にエビが入っているからエビと思いきや、こちらもエビではありません。オキアミの近似種の別名ツノナシオキアミと呼ばれるプランクトンになります。アミエビの体長は一般的に10~20ミリメートルになります。小さいのであまり食用利用されることはないようです。ただ、アミエビというと、アキアミのことを指す場合もあるようです。アキアミはアミと付いていますが、サクラエビに近いエビの仲間です。秋にまとまってとれるアミのように小さなエビということで名前が付いたようです。ややこしいですね。

コマセに使う配合餌

配合餌

配合餌は、オキアミやアミエビなどと混ぜることによって集魚効果を高めることができます。種類も多く、アジ専用とかクロダイ専用といった専用配合餌もあります。釣りたい魚があれば、まずは専用配合餌を使ってコマセを作ってみましょう。

配合餌の必要性

NEXT 配合餌の配合目的 その1 粘り気