【地下鉄御堂筋事件】痴漢注意したら強姦、判決や女性専用車両の導入までなど

地下鉄御堂筋事件は1998年に発生した痴漢を注意した女性を逆恨みして強姦したという卑劣な事件であり、女性専用車両ができるきっかけとなった事件です。この記事では地下鉄御堂筋事件の詳細と犯人の裁判の判決、女性専用車両ができるまでの過程などをまとめていきます。

この記事をかいた人

国内外問わず、オカルトや都市伝説が大好きです。

地下鉄御堂筋事件とは

Free-Photos / Pixabay

今から遡ること30年以上前の1998年の冬。帰宅時間で混みあう大阪市営地下鉄御堂筋線の電車内にて、男性2人組の痴漢行為を注意した女性が、逆恨みした犯人に付き纏われ、強姦されるという卑劣な事件です。

地下鉄御堂筋事件の概要

Free-Photos / Pixabay

痴漢を注意した勇気ある女性が強姦されるという、日本中の女性を恐怖に陥れた恐ろしい事件です。当時、新聞やテレビの報道で耳にした事がある人も多いのではないでしょうか。社会問題にまで発展した、事件の概要を詳しくご紹介します。

1998年、大阪の地下鉄御堂筋線で事件は起こった

RobinHiggins / Pixabay

1998年11月4日21時頃、帰宅時間の混雑した電車内で、2人組の男性が女性Aのスカートのジッパーを下ろして痴漢行為犯行を行う事件が発生。その場に居合わせた女性Bが女性Aを逃がし、男性2人に対し「前にも会ったでしょう」と注意しました。

女性Bは、以前からこの男性2人から痴漢被害に遭っていた為、見ず知らずの女性Aを助けました。この勇気有る行為がまさか、女性Bが卑劣な事件に巻き込まれる事になるとは、誰が予想出来たでしょうか。

痴漢行為を止めた女性が犯人の逆恨みを受けてしまう

Olichel / Pixabay

痴漢行為を注意された事に腹を立てた2人は、嫌がる女性Bを無理やり電車から引きずり下ろしました。この際、周囲は誰1人助けてはくれなかったといいます。そして「一緒にいた女に会わせろ」と、一緒に乗車していた友人である女性Cを紹介することを強要されました。

ノコギリで脅して強姦された

RAMillu / Pixabay

「少年院上がりだ」等と脅され、恐怖心から女性Cを深夜の喫茶店に呼び出しました。唐突に深夜の喫茶店に呼び出され、交際を迫られた女性Cは、話にならないと帰ってしまいました。交際が叶わない事に腹を立てた男性2人は、女性Bをマンションの建設現場に追い込み、バットで殴り、ノコギリで脅した上で強姦したのです。

被害女性は怖くて助けを求められなかった

cocoparisienne / Pixabay

事件発生後、警察に被害届を提出した女性Bは事情聴取に対し「周囲の人は怖がってジロジロ見ているだけで、声を上げてもし誰も来てくれなかったら、今度は何をされるかわからないと思った」と助けを求められなかったという悲痛な胸の内を話しました。

地下鉄御堂筋事件の裁判の判決は?

TPHeinz / Pixabay

犯罪行為を注意するという、思いやりのある行動を取った女性に降りかかった悲しい事件。当時の裁判では一体どんな判決が下されたのか、世間が注目した裁判の判決と、弁護人の弁護内容を詳しく見ていきます。

懲役4年を求刑するも判決は懲役3年6ヶ月

NEXT 懲役4年を求刑するも判決は懲役3年6ヶ月