NZクローラーのインプレをチェック!ビックバスを誘う水中での動きがすごかった!

産卵後と夏に活躍

NZクローラーが最も活躍する時期は、ブラックバスの産卵後である5月中旬から7月上旬と、夏の朝夕です。これらの時期はブラックバスの意識が水面に向きやすく、水面でアクションするルアーに、他の時期に比べてブラックバスが気づきやすくなるためです。威嚇か補食、どちらがブラックバスにアピールできるかを意識することで、アクションやポイントが変わり、釣果につながりやすくなります。

産卵後は威嚇目的

産卵後にNZクローラーに反応するブラックバスは、威嚇目的です。オスのブラックバスはテリトリーに入って卵を狙う小魚を威嚇します。威嚇目的のため、大型のNZクローラーに驚くほど小型のブラックバスが釣れることがあります。

夏は補食目的

夏にNZクローラーに反応するブラックバスは、補食目的です。夏はセミが力尽きて水面に落ちてくることが多く、ブラックバスはその瞬間を狙っています。ただし夏は水温が上がる日中はブラックバスの活性が低下するため、朝や夕方がおすすめです。もし夏の日中に狙う場合は、ストラクチャーの日陰を狙い、涼んでいるブラックバスを狙ってください。NZクローラーはフックが根掛かりしやすいので、にはご注意ください。

NZクローラー 使い方とは

最も基本的な使い方は、投げて巻くだけです。巻ただくだけでも、まれにイレギュラーなアクションが出てくるので、アピール力は高いです。巻くスピードはその日のコンディションによりますので、遅巻きから早巻きまで、いろいろと試してください。製作者の渡部さんいわく、NZクローラーの裏返り着水後の戻りは特にバスを引き付けるので、積極的に狙ってみてはいかがでしょう。

NZクローラー チューニングする時は

羽をチューニングする

金属製の左右の羽の角度で、好みのアクションに調整できます。羽は指で簡単に変形するので、釣りをしながらその場で微調整できます。角度を変えることで、クロールのピッチが変わります。簡単に変形するため着水の衝撃で角度が変わってしまうので、アクションが変わったら調整が必要です。また羽を紛失しても、depsオンラインストアで購入できますのでどんどん使っていきましょう。

テールブレードをチューニングする

テールブレードは、手持ちのブレードと簡単に変更できます。購入時のテールブレードでも十分にアピール力できますが、ブレードを変えるとNZクローラーにより愛着がわいてくるので、いろいろと試してみましょう。

カラーのラインナップ・基本色は6種類

ルアーの大きさは全長134mm、重さ約85g(3オンス)のみです。カラーバリエーションは基本色である、レインフロッグ、ジェットブラック、アルビノナマズ、和ナマズ、バブルガムグリッター、グラスキャットの6種類です。限定カラーとしてウーパールーパー、レッドテールキャット、トーマン、ハンザキ、LMファイヤーブラック、LMファイヤーホワイトが発売されていましたが、現在は入手困難です。もしオークションで販売していても、かなりの高額で取引されているのが現状。

NZクローラー 生み出すアクションとは

通常のアクションは、クロールのように大きく左右に揺れる動きです。左右の揺れ幅は、リールを巻く速度と、羽の角度で調整できます。スローに引いてもしっかりと、クロールアクションをとることから、完成度の高さを感じます。キャストでNZクローラーが裏返しで着水した時は、簡単にひっくり返りますが、その時のアクションもブラックバスに強烈なインパクトを与えます。

NEXT NZクローラー インプレとは