ウツボってどんな生き物?海のギャングの生態や美味しいレシピをご紹介

ウツボの釣り方

ウツボはどう猛なフィッシュイーター

イシダイやメジナといった磯の魚を狙う際に外道で釣れることが多いですが、専門に狙うのであればエサ釣りや、ルアーと呼ばれる疑似餌を使った釣り方がおすすめです。どう猛なフィッシュイーターであるが故、果敢に釣り針にファイトしてくるでしょう。ここでは、代表的な釣り方やウツボ釣りのコツをご紹介します。

ぶっこみ釣り

ぶっこみ釣りは目印になるウキなどを使用せず、針とオモリ、エサのみを用いて簡単な仕掛けで釣る釣法です。投げ釣りと似たタックルを用いますが、足元など比較的近場のポイントにエサを落とし込み、アタリを待つといった初心者向きの釣りと言えます。ロッドワークも自在に変化を付けたりと自由が利くため、ウツボ釣りに最適な釣り方です。

穴釣り

テトラポットや岸壁のスリット部、潮が引いた後の潮だまりなどを狙うには、穴釣りがおすすめです。簡単な仕掛けを魚が潜む穴に落とし込み、着底させてアタリを待ちます。メバルやカサゴといったロックフィッシュと呼ばれる魚を狙う際にも有効で、足元に落とせることから、2メートルほどの竹の棒を用いた簡易的な仕掛けを用いることもあります。

ブラクリ釣り

針とオモリをラインに直結させ、アタリを取りやすくしたミャク釣りの一種で、堤防から足元のポイントを狙うのに最も適した釣法です。手返しよくアタリを探れるので、魚の居る場所を効率的に探れ、ランガンスタイルで釣り歩くことができるバーサタイルな釣り方です。釣具店などで販売されている市販の仕掛けを購入して使えるのも魅力的です。

ルアー釣り

ソフトベイトやハードプラグといった小魚のシルエットを施した疑似餌と呼ばれるルアーを用いて誘う釣り方で、ソルトゲームとして楽しむアングラーも多いのが特徴です。魚の居る層にダイレクトにベイトを送り込むことができ、様々なアクションで好奇心をを刺激します。活き餌が苦手な方でも簡単に扱えるので、女性にも人気の釣り方です。

ウツボが釣れるポイント

ウツボは、日中の明るい時間帯にはテトラポットの隙間や岩礁帯といった障害物に身を潜めています。したがって岩場が絡む地磯や岸壁沿い、消波ブロックが敷き詰められた防波堤や沖堤防、港湾部が狙い目となります。複雑に根が絡むポイントであったり、時として汽水域である運河などにもエサを求めて遡上してきます。

ウツボ釣りのコツ

特に高度なテクニックが必要な釣りではありませんが、狙う場所さえ絞れれば、割と簡単に釣ることができます。穴釣りなどでは、ピンポイントにエサを落とし、着底させた後に20センチほど巻き上げ、何回かシャクリを入れて誘ってください。1度だけに限らず、2度・3度と穴に投入させてエサのにおいを拡散させることが肝です。

ウツボのアタリは小さなものからひったくるような激しいものまで、その時の状況で異なります。基本はキャスト後、ステイ&タダ巻きで十分ですが、根掛かりするような地形に変化のあるポイントに潜んでいることが多いです。アタリがあっても即アワセはせず、しっかりとエサが引き込まれるまで待ってから大きくアワセるようにしましょう。

触ると危険なウツボ

ウツボの歯は大変鋭く、噛まれると大ケガの元となり危険です。釣り上げた後も、しばらくの間は皮膚呼吸ができると言われており、針を外すなどの際に暴れまわって噛まれる可能性があります。素手で触ったりするのは絶対に避け、また極力個体に触れずにラインごとカットして、直接クーラーボックスに入れるなどの対処を行ってください。

準備するタックル

おすすめのタックル

ソルトに対応しているタックルであればブラックバス用・トラウト用・シーバスタックルなど幅広く流用が可能です。ターゲットが50センチから、大きいものであれば1メートルを超すものまでが対象となるので、バットパワーがあり、剛靭なファイトに耐えられるだけのキャパシティーのあるタックルがおすすめです。

おすすめのロッド

出典:Amazon

ウツボは針掛かりすると水中で首を振って大きく暴れます。また、オカッパリで釣れる他の海水魚と比べてもサイズが大きく、ロッドに掛かる負荷が大きいので、パワーを優先して選ぶようにします。13~15号程度の重りの装着にも耐えられ、大物にもひるむことのない石物竿やジギングロッド、ヘビークラスのロッドが良いでしょう。

NEXT おすすめのリール