【三上静男】上申書殺人事件の黒幕のサイコパス性を検証!経歴や現在の姿も

三上静男は、上申書殺人事件にて死刑囚から告発を受け逮捕された人物です。数々の凶悪事件の黒幕として暗躍し、告発されなければ、逮捕されることなく今も好々爺の仮面をかぶり生活していたかもしれない人物です。この記事では三上静男について、その人物像を徹底解説します。

この記事をかいた人

読みやすい記事を心がけています。2人の男子を育てるシングルマザーです。

三上静男とは?

自分の手は汚さずに、重きある人間を射止めてしまう残酷な男です。お金のためなら何とも思わず本当に血の通っている人間なのかと思ってしまうほどですが、そんな人物だからこそ悪人として世に名を残しているのです。

上申書殺人事件において死刑囚から告発された人物

EvgeniT / Pixabay

上申書殺人事件において死刑囚から訴えられた人物です。このような一連がなければ今でものうのうと悪で手に入れた大金で優雅に暮らしていたかもしれません。

罪を罪と思わない

悪に大変頭がまわる人物で、自分にとって不要と思う人間や手にしたいと思った大金は、どんな手段を使っても自分の思うままにしようと企むのです。それを罪と思っておらず道徳心の欠片も何もないのです。

相手を利用する

たくさんの痛ましい事件を起こしていますが、自分の手は一切汚していません。他人をうまく操って計画的に仕留めるのです。口が達者で人の心に入り込む天才でした。

頭を使う指示役

TeroVesalainen / Pixabay

用意周到に後影を残さず犯行を実行します。そのため警察も糸が繋がらず捜査が難航したり接点が見つからないことから、警察は動く範囲まで到達しない歯がゆさを覚えます。

訴えられなければ透明人間だった

simonwijers / Pixabay

後藤に訴えられたことで世に彼の名前が出され、事件として動きだします。これがなければ今も透明なまま闇に葬られていたでしょう。

今でも完全犯罪を企んでいたかも

日の当たる生活を今でも過ごしたとしたら、新たなるターゲットを見つけ入念な計画を練って莫大な資産を自分の物にしようとしていたかもしれません。

上申書殺人事件の概要

carolynabooth / Pixabay

資産を持った人々が次々と不可解な死を遂げ、捜査線上に浮上した後藤という彼の手下が逮捕されたことで、三上という男も関係していると世間に知らせることとなった平成の大事件です。詳しくご説明していきます。

暴力団団員による連続殺人事件が発生

NEXT 暴力団団員による連続殺人事件が発生