初心者でも大丈夫!ルアー釣り入門

ルアー釣りにコツはあるの?

ルアー釣りは、生餌を使って食いつくのを待つ釣り方ではなく、まるで生きているかのように泳がせて釣る方法です。この泳がせる方法が難しいように感じますよね。スプーンやスピナーは着水してからリールで巻き取る事で不規則な動きをするので、魚をおびき寄せやすいです。ミノーやメタルジグは魚の形を模したものが多いので魚の誘い方にテクニックを要します。竿を上下左右に振って動かしたり、リールの巻きを不規則にしてみたりと工夫してみましょう。

ルアー釣りのメリット・デメリットは?

物事には何でもメリット・デメリットがありますが、ルアー釣りではどうでしょうか。ルアー釣りのメリットは竿とリールとルアーと簡単な仕掛けにしておけば、お手軽に釣りが出来るという事です。エサ代も掛からないし、手を汚すことが無いのに釣りやすく魚がかかりやすいのも利点です。さらに金属製の物よりもソフトルアーというゴム製のルアーだと川や海の中を流していても金属音はしないので魚に警戒心を持たれる事少ない特徴もありますし、食いちぎらて逃げられるリスクも低く、価格も安価のため、使い勝手がよいルアー釣りができるでしょう。それに食べたい魚を釣る事ができます。

デメリットとしてはギミックが多いほど海藻や水草が群生している所では根掛かりしやすい点です。手軽にできる反面、生餌釣りよりは劣り、釣果は少ないのも難点です。ゆっくりと待つ釣りを好む人にはいろんな仕掛けやルアーのバリエーションを魚ごとに替えるといった作戦を立てる作業を嫌う人にとっては合わないですね。あとは難しそうとイメージが強くて釣れないといった悪い印象が付きまとっている点です。

ルアー釣りをする上での注意点は?

気軽にできるルアー釣りですが、自然の中で行う事なので注意しなければならない事があります。川の場合は、岸から投げ釣りするなら問題はありませんが、良いものを狙って上流域に行くときには必要な物があります。流れが急で岩が大小さまざまあり、コケなどで足場が悪いのでグリップの効く長靴は必須です。自然が多いので、釣りに夢中になって野生動物の縄張りに入ってしまう事がありますので、クマ除けの鈴やい緊急時に活躍するホイッスルは常備しておきましょう。海の場合は、湾内や防波堤周辺は船が係留されているので、船や所有者に影響を与えないようにしましょう。あと、根掛かりでお気に入りのルアーを失わないようにしてくださいね。

ルアー釣りの魅力

釣りに挑戦したいと思うとどうしてもエサ釣りを考えてしまいがちですが、この記事でルアーを使ってみようと思っていただけると嬉しいです。ルアーは形だけでなくカラーバリエーションが多く、釣る方も釣られる魚も好奇心を刺激されるのではないでしょうか。色々な魚の性質や住んでいる環境を理解する事で仕掛けを工夫して、検討する時間も楽しみの一つになるのではないでしょうか。実際に釣具店へ足を運びましたが、目移りするほどの豊富さで、中でも3連結のルアーは圧巻です。記事を書いている内にふたたび釣りの魅力を確認できました。くれぐれもマナーを守って楽しく釣りましょう。