はじめての海釣りへ行こう!必要なタックルやアイテム、釣り方もわかりやすく解説!

保存餌・人工餌

アミエビは「サビキ釣り」に欠かせない餌です。冷凍ブロックと解凍済みのものがあり、1kgあたり200円~300円程度で販売されています。こちらは針につけるものではなく、こませ(魚を集めるために餌を撒くこと)として使います。

また、オキアミも有名ですね。ほとんどの種類の魚に使え、万能です。こちらは生とボイルがあり、1kgあたり300~500円ほど。撒き餌用と刺し餌用で大きさなどが違うので注意しましょう。

擬似餌(ルアー)

はじめは、万能餌であるイソメを模したワーム(疑似イソメ)が使いやすいでしょう。見た目やにおいにこだわって作られており、大きさもさまざまなので自由に選ぶことができます。動きがないので、竿を少し引っ張るようなイメージで細かく動かして釣りましょう。

海釣りでの釣り方4種と仕掛け

海釣りとひとことで言っても、使う仕掛けや餌によって釣り方が異なります。基本の4種類の釣り方と、それぞれに使う仕掛けを簡単にご説明します。

投げ釣りに使う仕掛け

遠投する方法もありますが、「ちょい投げ」と言われるスタイルが初心者の方にはおすすめ。専用のタックルも販売されているものの、お手持ちのものをそのまま使えるのが魅力です。仕掛けは「ちょい投げ」用として各メーカーから出ており、はじめからオモリ(テンビンと一体になっているものがポピュラー)がついているものを選ぶといいでしょう。

サビキ釣りに使う仕掛け

サビキ釣りでもお手持ちのタックルをそのまま使うことができます。仕掛けには針が5個ほどついており(サビキ仕掛け)、関東式では上部に撒き餌袋(こませ袋)と、先にオモリがついていますが、関西式ではオモリはなく、仕掛けの先にカゴがついています。

ルアー釣りに使う仕掛け

釣り糸にルアーを結ぶ仕掛けが一般的です。狙う魚に合わせてルアーの種類を選びましょう!キャスティング(ルアーを投げること)やアクション(竿などでつけるルアーの動き)にちょっとしたコツが必要なので、慣れればゲーム感覚で楽しめるでしょう。

ウキ釣りに使う仕掛け

基本的にはウキ、ストッパー、オモリ、サルカン、針で構成されており、固定式と遊動式があります。さまざまなスタイルがあり自作される方もいますが、初心者の方は全てひとつになった専用の仕掛けを購入すると手っ取り早いでしょう。サビキ釣りの際にウキを使うこともあります。

海釣り初心者におすすめの釣り方は?

基本の釣り方とその仕掛けをご紹介しましたが、はじめての海釣りだと結局どの釣り方がいいのか、なかなか決められないですよね。まずは釣りを楽しむため、魚が釣れやすい釣り方を選びましょう。

ほぼ確実に釣れるのはサビキ釣り

断然、サビキ釣りをおすすめします。大きい魚を狙うのは難しいですが、ほぼ確実に何らかの魚が釣れるのがこの釣り方。また、アミエビをカゴに入れて釣るので、虫が苦手な方でも安心です。そのまま仕掛けを垂らしておくだけでも釣れますが、たまにゆっくりと竿を動かして仕掛けを上下させてみるのもいいでしょう。

どんな魚が釣れる?

小さいサバやアジ、イワシ、サッパなどの回遊魚がメインです。よく食卓に上がるような馴染みのある魚が釣れるのがサビキ釣りです。

NEXT 気をつけること