ドラえもんの「行かなきゃ」は幻の回?放送事故と噂された内容の真相とメッセージ

ドラえもんには幻と言われる回が存在する。ある晩突然何の前触れもなく放送された「行かなきゃ」という回は本当に存在したのか?数あるドラえもんの都市伝説の中で「これは怖い!」とネット民を騒がすドラえもん「行かなきゃ」の内容と作者の意図を探っていきます。

この記事をかいた人

一生懸命やらせていただきます!

ドラえもん幻の回「行かなきゃ」がヤバイ!

ドラえもんと言えば知らない人などいない国民的人気キャラクターです。しかし中には何か心に引っかかる記憶があるという人もたくさんいます。今でも多くの人の心に残り噂される「行かなきゃ」の回とはいったいどんな内容なのでしょうか。見ていきましょう。

ドラえもん「行かなきゃ」の回

DarkWorkX / Pixabay

真っ暗な画面の中、背を向けたのび太が一人でゆっくりと歩いています。何もしゃべることなく黙々と歩き続けます。10分ほど歩き続けたところでのび太が振り返って「行かなきゃ」と言ったところで放送は終了しました。この回はタイトルがなく、最後にセリフがたった一言だけというインパクトから「行かなきゃ」の回と呼ばれています。

深夜に突如始まった放送

Tedd / Pixabay

この回の放送はある日の深夜に何の前触れもなく突然始まりました。毎週のレギュラー放送はありましたが曜日が違っていましたし、放送時間も全く違っています。そもそも番組表にドラえもんの放送があるとはどこにも書かれていなかったのです。

ドラえもん「行かなきゃ」の放送時間は10分程度

のび太が延々歩いて最後にたった一言「行かなきゃ」と言っただけの回、その放送時間は10分足らずです。通常30分のアニメ番組でコマーシャルを挟んで2つのエピソードを放送するということであれば1つの話は10分程度になりますが「行かなきゃ」の回は他に何もなく、それだけでは中途半端すぎて普通ではありません。

ドラえもん「行かなきゃ」という回の謎

FOTOKALDE / Pixabay

放送予定のなかった深夜という時間帯に、中途半端な長さで、特に盛り上がりもオチもなく、最後のセリフもたった一言で何を伝えたいのかよくわからないという意味不明な内容で放送されたこの回ですが、謎は他にもあります。ここではその不思議な謎を説明していきましょう。

謎①のび太の声が藤子・F・不二雄!?

geralt / Pixabay

のび太が最後に言ったセリフ「行かなきゃ」ですが、この声はいつもののび太の声ではありませんでした。実はドラえもんの作者である藤子・F・不二雄先生の声だったのです。なぜ声が入れかわってしまったのでしょうか。

謎②放送された日は藤子・F・不二雄が死去した日

この「行かなきゃ」の回が放送されたのは1996年9月23日の深夜でした。この日が何の日なのかと言えば、まさに藤子F先生が亡くなったその日なのです。この日に放送された意味があるとすればこれ以外に考えられません。

謎③「行かなきゃ」の意味

NEXT 謎③「行かなきゃ」の意味