ダイワ「セオリー」に注目!多機能さと超軽量のセオリーのスペックやインプレまとめ

軽量スリムでも丈夫な作り

ただ、細いハンドルや軽さなどから折れてしまうのでは?という不安な声が多いです。しかし見た目よりも丈夫で、イギングや50cmくらいのヒラメなどはまったく問題ありません。そして一番はのウリはやはり軽量さです。何時間も持っていると疲れて集中力も途切れてくるのでこの性能はありがたいです。イギングを主にやる方やコストパフォーマンス、軽さを求めるならおすすめです。

ダイワ「セオリー」のその他の機能・仕様

独自構造

リニアシャフト 高負荷時の巻取りでパワーロスを減少させる為に、メインシャフトとピニオンギヤを独立させて支持する構造。そのおかげで、摩擦抵抗を無くしています。アルミマシンカットハンドル 新開発の新型ハンドルで高剛性のマシンカットハンドルで安定した巻上げ感覚です。ちなみに、折りたたみ式ではなくねじ込み式です。

ABS II

ABS IIは、ラインのトラブルも無く放出され、飛距離を伸ばすスプール構造。なのでキャスト時の抵抗を軽減し、より遠投性が高まりました。エアベール 中空構造にすることで、重量はそのままで大幅に強度がアップしています。シャワー洗浄が可能で、流水による水洗いができます。

ダイワセオリーで釣りに行こう

種類も1000番代から4000番と幅広いので、様々な方に対応しています。ダイワスピニングリールらしい巻き始めの軽さや、軽快な巻き心地。新型ボディや最新技術でなおかつ超軽量でコストパフォーマンスが最高なダイワ「セオリー」についてでした。ぜひ皆さんもその性能を手に取って確かめてみてください。