だるま屋ウィリー事件とは?大泉洋が起こした事故の全容と現場への行き方

「だるま屋ウィリー事件」とは、人気俳優の大泉洋が「水曜どうでしょう」の番組の中でバイクでウィーリーしながら安全第一と書いた標識に突っ込んだ事件です。今なお伝説として語り継がれる事件の全容や疑問点などを動画も交えて詳しく紹介します。聖地として扱われているだるま屋ウィリー事件の現場の場所や行き方についても詳しく解説していきましょう。

この記事をかいた人

キャンプでのんびりウクレレを弾くのが好きです。 嘘や課題表現のない記事を心がけています。

だるま屋ウィリー事件とは?

Skitterphoto / Pixabay

「だるま屋ウィリー事件」と聞くと、なんだか恐ろしそうな事件を想像してしまいます。知っている人は知っているこの「事件」ですが、いったいどんな出来事なのでしょうか?まずはこの事件の概要を紹介します。

「水曜どうでしょう」で大泉洋が起こしたバイク事故

intographics / Pixabay

この「だるま屋ウィリー事件」は「水曜どうでしょう」というバラエティー番組の中で起こったバイク事故です。人気タレントの大泉洋が番組のコーナーで使うバイクの運転操作を誤って、ウィリーした状態で道路工事現場の安全策に激突してしまった、というものでした。

動画が拡散して話題に

MoteOo / Pixabay

このバイク事故は幸い大事には至らず、むしろ番組的にはおもしろエピソードとしてうまく編集され、番組のファンの間では人気の回になっています。見方によっては放送事故とも取れるこの「事件」は動画サイトに公開され、拡散された結果、「だるま屋ウィリー事件」と呼ばれるようになりました。

一体何が起こった!?だるま屋ウィリー事件の詳しい状況

qimono / Pixabay

このバイク事故はなぜ起こったのでしょうか。番組の映像やテロップなどから、バイク事故が起こった当時の状況や原因がわかります。ここでは実際に動画をあわせて、「事件(?)」の全貌を解説していきます。

まずは実際の動画と状況をチェック!

事件は、番組内の「原付東日本縦断ラリー」という企画の中で起こりました。企画の内容は、原付きバイクで銀座から札幌までを縦断し、その過程で立ち寄った先々で起こった出来事を放送する、というものです。事故発生時、実際どんな状況だったのか、まずは映像を見てみましょう。

道路工事現場の信号機で停止している大泉洋(画面左側)と鈴木貴之(画面右側)が、信号の変わり目を待って発進しようとします。大泉洋は信号のカウントダウンに合わせてロケットスタートを切ろうとしますが、なぜかバイクはうまく発進せず、その後急加速してウィリーし、前方の安全策に突撃します。

weareaway / Pixabay

激突後、落ち着きを取り戻して「大丈夫じゃねーよ!なまら怖かったよ!」とコメントする大泉洋に対し、爆笑でカメラを回すディレクター、事故そっちのけで平然とバイクを走らせる鈴木貴之のコントラストが、コミカルに編集されています。

後に大泉洋は、雑誌JAFメイトのシフトチェンジミスのヒヤリハット特集インタビューの中で、この事故を受けて作成された「大泉さん、激突」のステッカーの話題にも触れています。本人にとっても思い出深い出来事だったのでしょう。

ちなみにバイクの荷台に積んであるダルマは、この事故の前段で、道中たちよった群馬県高崎市の少林山達磨寺で買ったものです。「だるま屋ウィリー事件」のネーミングの一部になっている「だるま屋」は、このダルマを荷台に積んでいたことに由来します。

事故の原因は不慣れな運転?

そもそもこの事故は、なぜ起こってしまったのでしょうか。大泉洋はこの企画が始まるまでバイクにのったことがなかったようです。企画の初日にも同様のシフトチェンジミスで若干ウィリーをしてしまっている様子が番組にあげられています。

実は運転にコツがいるスーパーカブ

Cicero7 / Pixabay

この企画で使われているHONDAのスーパーカブですが、実は運転に少しコツが必要な車種なのです。スクータータイプ異なり、シフトチェンジが必要ですが、この時クラッチ操作は無く、フットペダルを踏むことで簡単にシフトチェンジができてしまいます。

慣れてしまえば操作はとても簡単なのですが、クラッチが無いので、発信時にエンジンの空ぶかしをした状態でギアをローに入れると、エンストすること無くギアがつながってしまい、急加速して番組の事故のような自体になります。

だるま屋ウィリー事件の場所が聖地に?

NEXT だるま屋ウィリー事件の場所が聖地に?