ティップランエギングの仕掛けや釣り方を解説!ティップランってなんだ?

ボートを流しながら、潮の流れや風の流れにボートの身を任せながらの状態にし、ボートからイカを狙うティップランエギングに注目が集まっています。そこでそんなティップランエギング仕掛けや釣り方、ティップランとは何だろう、どうやって釣る方法なの??など初心者の方でもわかりやすいようなページ目指して書いていきたいと思います。これから始めようと思っている方もそうでない方にも興味を持っていていただければ嬉しいです。

この記事をかいた人

ティップランエギングとは??

エンジンを完全に切り、そのボートを潮の流れや風の流れに任せて進めていきます。いわゆるどてら流しの状態にし、その流れにそってエギを流して、イカを釣ることをティップランエギングといいます。主にアオリイカを釣る手法になります。イカの繊細な動きをライン上に感じることができ、初心者でも楽しく釣りを楽しむことができます。陸では自分でキャスティングをし、ポイントを探す必要がありますが風や潮の流れにボートを任せて、勝手に進んでいってくれると同時に餌を引っ張っていってくれる形になるのでイカ釣りだけに集中することができます。シーズンとわず楽しめるため一年中楽しめる釣りとしても人気のアウトドアスポーツです。

アオリイカの特徴

イカは温かい場所を好みます。オーストラリアから日本まで広い地域に生息しています。とくに熱帯地方でのイカの数は多くマレーシアなどでも多く生息しています。場所によってシロイカやアカイカやクワイカと種類は異なるとされているがすべてまとめたものをアオリイカと呼んでいます。広い幅の胴体と半円形の形をしたヒレを持っています。このヒレをアオリイカはくねらせるようにして泳いでいます。だいたい40㎝程度の大きさのものが多く、日本のイカの中でも大きいほうの部類に入ります。魚は比較的視力がよくないといわれていますがアオリイカの視力はいいです。だいたい人間にして0.7ほどの視力があるといわれています。自分の後ろはみることができませんが全体的に見ることができるほど広範囲な視力をもっています。アオリイカは色を変化させることができます。興奮しているときには色を変えます。黒色が興奮しているときのサインです。このときのサインを見逃さないでください。イカを釣ることができるタイミングです。

ティップランエギングの時期(シーズン)・時間帯

一年中楽しむことができるといっても最適なシーズンはあります。春と秋が一番最適といわれています。では季節ごとの特徴を紹介していきます。

3月から6月にかけて比較的浅い場釣れます。また、昨年この時期に産卵したアオリイカも一年かけて成長をしていますので成長したアオリイカが一番釣りやすい時期といえます。

春に大きくなったアオリイカが釣れるといいましたがそのイカも一年で死んでしまいます。夏は産卵後になるのでほとんどのイカが死んでしまいます。そのため釣ることが難しくなります。ただ産卵時期が遅れたアオリイカもまだ残っているのでそこを狙って釣ることもできます。難しい時期になりますが絶対に釣れない時期ではないです。

9月から12月が一番多くのアオリイカを釣ることができます。ただ春に比べると小さいイカにはなります。秋は水温も落ち着きだし、春に産卵したアオリイカが多く釣れます。子どものイカなので親に比べると警戒心も弱く、餌もたくさん食べるので簡単に比較的釣れる時期といえます。

一年で一番寒い時期の冬はとても厳しい時期といえます。特に1月から2月は厳しい時期になります。外気の寒さだけでなく水温も低くなります。水温が15℃に上昇するような暖かい日があれば釣ることができる日もありますが冬は一年で一番釣りが難しい時期になります。活性が低くなりほとんど動かなくなるのでエギを長く止めて時間をとってください。

時間帯

時期を紹介しましたが時間帯も大切なポイントになります。一番夜が釣れるといわれちますが一番狙える時間は日の出、日の入れ前と後の一時間あたりが一番だといえます。小魚が餌としているプランクトンが一番活動する時間帯であり、その小魚を食べるイカも一緒に活動をし始めるからです。夜がねらいやすいというのは様々な理由はありますが光に導かれるプランクトンを餌とする小魚も集まるし、その小魚を餌とするイカも光に集まるので広い範囲を探すのではなく光を中心にエリアを絞れるので釣りやすいといえます。イカは警戒心が強いので夜に比べると日中は釣りにくいといえます。ただ水中が見やすくなるのでイカが見えやすくなるのでエギを追っているイカの反応を見ることができます。

ティップランエギングの釣り場(ポイント)

NEXT ティップランエギングの釣り場(ポイント)