ロックフィッシュロッドのおすすめ16選!ロッドの選び方はどこに注目すればいい?

ロックフィッシュは身近で釣ることができ、美味しい魚なので釣り好きの方達に人気の魚です。しかし、根がかりが起こりやすいので初心者には難しい魚とされています。この記事ではロックフィッシュロッドをベイトモデルとスピニングモデルに分けて紹介して行きたいと思います。

この記事をかいた人

ロックフィッシュとは

ロックフィッシュとは

ロックフィッシュは別名、根魚と呼ばれます。その名の通り、岩場や海草などの沈み根を隠れ場所としている魚の総称です。カサゴ、ソイ、アイナメ、メバルを代表とした魚が分類されており、冒頭でも書いた通り、美味しい魚が多いのが特徴です。

ロックフィッシュロッドのベイトモデルとスピニングモデルの違い

ベイトモデルとスピニングモデルの違い

ロックフィッシュロッドとはロックフィッシュを釣るための釣竿のことを言い、ベイトモデルとスピニングモデルがあります。ベイトモデルは巻き取りが強く、力が伝達しやすため、強さと張りがあるのが特徴です。しかし、ベイトモデルに使用するベイトリールはバックラッシュしやすいため、上級者用のモデルと言われています。

スピニングモデルはリールの扱いが簡単なため、初心者向けのモデルと言われています。飛距離があるため、遠投にも向いていますが、ベイトモデルとは違い、力が伝達しにくいので、大型を釣れるようなパワーがありません。さらに、スピニングモデルに使用するスピニングリールは軽くて感度は良いですが、ラインブレイクしてしまいます。

ロックフィッシュロッドの選び方

ロックフィッシュロッドの選び方

ロックフィッシュロッドはターゲットやロケーションに適したものを選ぶ必要があります。選ぶポイントは大きく分けて、パワー、長さ、硬さの3つです。パワーは強ければ強いほど良く、長いものは飛距離もあるため、ロケーションに適したものを選びます。さらに、根がかりして竿を折らないために硬さも必要です。

また、複雑な地形では手返しの良いベイトモデルを選びます。パワーがあるため、大型を狙うときにもベイトモデルが適しています。水深が大きい場所では、飛距離があるスピニングモデルが適しています。

ロックフィッシュロッドおすすめ16選①ベイトモデル

3代目 クロステージ 根魚 CRX-822H/B

出典:Amazon

このロッドは選ぶ上で重要なポイントである、強靭なパワーを有しており、大型の魚を狙うことができます。また、障害物などが多い海底でも絶妙なアクションができるため、さまざまな場所での釣りに適した一本になっています。価格面でも約一万円と、性能を考えるとかなりコストパフォーマンスが良いです。

ロックフィッシュロッドおすすめ16選②ベイトモデル

メジャークラフト N-ONE HRF NSL-762H/B

出典:Amazon

このロッドは、メジャークラフトのロッドの中でも強度を売りにしており、新技術によって今までのモデルより強度が約15%アップしています。素材にはカーボンを使用しているので、強度もありながら軽さも極めた一本で、長時間の釣りにも適しています。また、ライントラブル対策のガイドも装備されているので、初心者の方にもおすすめできます。

ロックフィッシュロッドおすすめ16選③ベイトモデル

NEXT ロックフィッシュロッドおすすめ16選③ベイトモデル