日生学園の現在は?スパルタ指導や校則、偏差値はどうなった?過去の事件も

日生学園の現在はスパルタ指導はなくなり、学力に力を入れているといわれています。この記事は日生学園の現在の偏差値や校則、過去の厳しい指導内容や事件などをまとめました。また日生学園出身の芸能人・浜田雅功のエピソードなどもご紹介しています。

この記事をかいた人

たくさんの魚をさばきたい!料理を愛する主婦です。

日生学園の現在は?

werner22brigitte / Pixabay

厳しい教育のことをスパルタ教育と呼びますが、まさしくその名の通り、1965年に認可された学校法人の日生学園は、日本一厳しい教育で有名でした。1日、数時間の学業を教えるだけでは本物の人間にはなれないという考えで、全寮制にし、24時間厳しい規則の下で生活を行っていました。

それは今から40年程前のことです。今の世の中で、スパルタ教育など聞いたことがありません。また、あったとしても、体罰やパワハラなどと言われ法律で守られていますので、現在スパルタ教育を行うのは難しいことです。

日生学園の現在の名称は青山高等学校

創立50周年を迎え、新たなスタートを切るため2015年、青山高等学校と名称を変更しました。

1965年、青田強学園長から、青田進氏の「進学校時代」に世代交代し、以前のようなスパルタ教育ではなく、大学進学を目指す、学業を重視した教育に現在は変わっています。

日生学園は系列学校が存在する

出典:PhotoAC

系列する高等学校が3つ、中学校が1つあります。1966年に三重県伊賀市に開校された日生学園第一高等学校(現・桜丘高等学校)、隣接する日生学園付属中学校(現・桜丘中学校)、1980年に三重県津市に開校された日生学園第二高等学校(現・青山高等学校)、1983年に姫路市夢前町に開校された日生学園第三高等学校(現・自由が丘高等学校)があります。

日生学園付属中学校(現・桜丘中学校)は1982年に日生学園第二高等学校の敷地内にありましたが、1988年に日生学園第一高等学校へ移動しました。

日生学園第一高等学校

現・桜丘高等学校は、桜丘中学校との中高一貫教育を行っています。男女共学の全日制普通科で、国公立難関私大コース・医歯薬コース・総合進学コースがあります。文化系クラブが盛んです。

過去には高校生クイズで、強豪の灘高校と開成高校を倒し優勝したこともある桜丘高等学校は一瞬で有名校になりました。偏差値78もある開成高校を偏差値41が倒したことは奇跡と呼ばれました。

日生学園第二高等学校

現・青山高等学校は、全寮制です。男女共学の全日制普通科で、特進Sコース、特進コース、進学コースがあります。野球部・サッカー部・卓球部・演劇部などのクラブ活動が盛んです。

スポーツに力を入れている第二高等学校からは、元プロ野球選手の鮫島秀旗さんや、プロサッカー選手の千葉和彦さんや尾崎瑛一郎さん、元バスケットボール選手の川畑隼人さんなどが卒業生にいます。この記事で言う、日生学園はこの日生学園第二高等学校のことです。系列学校の中でも一番厳しかったからです。

日生学園第三高等学校

現・自由が丘高等学校は、全寮制です。男子校の全日制普通科で、特進コース、進学コース、総合コースがあります。文武両道を目指していて、国公立への進学に力を入れています。

現在は活動を休止していて、主に食品レビューの動画をアップしていたユーチューバーのたれぞうさんの出身校でもあります。

日生学園の現在は男女共学の全寮制

NEXT 日生学園の現在は男女共学の全寮制