おすすめ防水リュック20選|防水と完全防水の違いも解説します

防水リュックのおすすめ10選①

ベル―フ「STROLLBACKPACK」

ここからは、防水リュックと完全防水リュックのおすすめをそれぞれ10選ずつご紹介します。まずは防水タイプのリュックで1つ目はベル―フの「STROLLBACKPACK」になります。デザインはシンプルで通勤のためスーツを着て使ったも違和感のない風になっています。

中身には書類が折り曲がらないよう芯材が入っており、小物用のポケットや15インチ以下のパソコンを入れられるスペースもあるなど実用性があります。容量は22リットルから32リットルまであり、開口部はロールトップタイプ、価格は35126円となっています。

ベル―フ「フィールダー13」

「STROLLBACKPACK」と同じくベル―フの「フィールダー13」は、容量13リットルと背中からはみ出ることのないコンパクトな防水リュックです。サイドには水筒等長物を入れられるポケットがあり、チェストストラップでしっかりホールドさせられます。価格は21418円です。

クローム「ヤルタ2.0」

続いてはベル―フの「ヤルタ2.0」です。容量は30リットルと大容量で、耐摩耗や耐引裂性を備えているなどアウトドアでの使用に適したモデルです。カラーはBLACKをはじめとする3種類、ロールトップタイプの開口部でお値段は12096円とリーズナブルです。

防水リュックのおすすめ10選②

グレゴリー「ピアポント」

グレゴリーの「ピアポント」は、開口部がジッパータイプでそのままではジッパーの部分から浸水する可能性がありますが、大きなカバーフラップのおかげで浸水が防止されています。パソコンを入れられるスリーブがあるなど実用性もあり、容量20リットル、カラーもブラック、カーキ、ブルーと3種類あります。

ノースフェイス「BCヒューズボックス」

アウトドアのリュックメーカーとしても知名度が高いノースフェイスの人気モデル「BCヒューズボックス」は容量30リットルと大容量で、ボックス型の開口部は大きく開いてたくさんの荷物もどんどん収納できます。形状的に型崩れしにくく、カラーも全12色とバリエーション豊富です。

クローム「フォートナイト」

クロームからの3つ目のおすすめ防水リュック「フォートナイト」は、容量40リットルという非常に大きな容量を誇ります。メインのポケットは大きく開くジッパータイプ、寝袋などを挟めるフラップなどもあるため、長期の旅行などにも対応しているリュックです。

アークテリクス「GRANVILLE18749」

アークテリクスの「GRANVILLE18749」は、「AC2技術」という複合構造によって優れた防水性を発揮します。自転車のライトを取り付けることができるクリップもついていますので、自転車での通勤や通学をする方にうってつけの防水リュックといえるでしょう。

NEXT 防水リュックのおすすめ10選③