ミドリガメの寿命は?平均を超えた長寿も?飼育方法や病気なども紹介

ミドリガメのかかりやすい病気と対処法を紹介!

Capri23auto / Pixabay

しっかりした飼育環境なら凄く長生きが期待できますが、単に環境を整えたといえど油断は出来ず、色々と患う可能性の高い病気も存在します。それらへの対処法も覚えましょう。

ミドリガメの病気と対処法①ビタミンA欠乏症

Heidelbergerin / Pixabay

餌がレタス等の色の薄い野菜等ばかりの時に発症する病気です。子供時代に疾患する事の多い病気で、解決の際は単純にビタミンAを多く含む緑黄色野菜を餌にする等の対処法があります。

ミドリガメの病気と対処法②クル病

53084 / Pixabay

これはカルシウムやビタミンの一種が不足した為に、甲羅が軟化したり手足の異形化等が発症します。これも前述の病気と同様、不足した栄養分をしっかり与えてあげるのが対処法になります。

ミドリガメの病気と対処法③口内炎

Sztrapacska74 / Pixabay

人間もなりうる口内炎も発症確率は高い模様です。こうなると口を閉じられないのがずっと続きますから、ビタミンAやCを多く含む食材を餌にする他、症状がひどい場合動物病院を頼りましょう。

ミドリガメの病気と対処法④代謝性疾患

Capri23auto / Pixabay

こちらも子供の亀に多い疾患で、甲羅の硬質化が紫外線や栄養等の不足により軟化したまま、変形するものです。ライトで紫外線を十分に撮らせるか、やはり該当する栄養をしっかり与えるべきです。

ミドリガメの病気と対処法⑤呼吸器感染症

JamesDeMers / Pixabay

人間で言う風邪に似た疾患で、鼻水が垂れたり、呼吸がしにくそうで普段聞こえない鳴き声が聞こえたりする症状が表れます。この場合は早めにお近くの動物病院を頼るのが最も得策となります。

ミドリガメの病気と対処法⑥中耳炎

suju / Pixabay

口内炎同様人間も罹る中耳炎もあります。水質が悪辣な状況の時に疾患する確率が高く、解決の為には鼓膜を切開して内部にある膿を排出する外科手術が必要になる模様です。

ミドリガメの現状とは?長きにわたるミドリガメ問題

skeeze / Pixabay

ペットとしての飼育の仕方が凄く楽である等の理由で一般の家庭で飼育するのに人気はありますが、長きに渡り社会問題に発展するレベルでの問題が続いているのです。

NEXT 野生化するミドリガメが増加?日本各地に分布している