おっとい嫁じょとは?女性をレイプし結婚する狂気の誘拐婚の事件と現在

おっとい嫁じょとは鹿児島県にあった女性をレイプして結婚に持ち込む悪習です。1959年にある男性が起こした事件が訴えられ有名になりました。おっとい嫁じょは村の伝統だと嘆願書が出されるも、実刑を受けました。日本では現在はなくなった風習とされていますが、世界各地では同様の事件が起きているようです。

この記事をかいた人

おっとい嫁じょとは

1041483 / Pixabay

 

 

犯人グループの言い訳だという意見も

LillyCantabile / Pixabay

今までこれと同じ出来事が起きいたのにも関わらず、みすごされていたからです。そうなると今回ここでご紹介した事件の犯人だけが捕まることになります。犯人もおそらくなんで俺たちだけなんだ?と思います。このことを考えると、犯人は捕まりたくない、今まで行ってきた人たちはどうなるんだと主張し出します。

そのような理由から犯罪をしてないと言い切ることも出来ないので、大人気なく言い訳ばかりを言ってしまうように聞こえる人たちもいるのです。ですが、この事件は本当に存在していたのかと噂になることもありましたが、署名は発見されているため、全て事実であったとされます。

そもそもおっとい嫁じょは嘘だったという説も

27707 / Pixabay

事件で起きたような「おっとい嫁じょ」も元々は今現在で例えると、秋田県のなまはげがやって来る行事や世界でも知られてるハロウィーンのような、行事であったとされています。ですが、いつからか行事ものが犯罪に変わってしまったのです。

行事

Free-Photos / Pixabay

なまはげやハロウィーンの行事は「泣く子はいねーか〜、悪い奴はいねーか」と恐ろしい様で訪ねてきます。最初はおっとい嫁じょもこのように出来立てホヤホヤの夫婦に村の子供たちが訪ねてきたそうです。おっとい嫁じょの場合は奥さんを差し出すかどうかであったので、そこで取られないように元から用意してあった食べ物を差し上げました。

ですが、このように女性に訪ねてくることが「犯す」ということに、事件が起きてから、悪いことしても平気なしきたりであるというように変わってしまったのです。ですが、この事件が起きてから注目されるようになったので、女性は安心したことでしょう。その他の事件に関する記事はこちら

おっとい嫁じょなど誘拐婚は親の反対を押し切る手段だった

thommas68 / Pixabay

ある一つの事件がきっかけで公になり、より注目されることによって犯罪であると明らかになりましたが、なぜその事件が起きる前まではなにも起きなかったのでしょうか。女性側もそれをうけいれ説得ができるほどの決意などもあったのでしょう。

愛し合う恋人が既成事実を作っていた

StockSnap / Pixabay

元々は既に出来上がっていた男女2人の関係をさらに後押しするかのように行われていたであろうと見解されています。親同士の問題でなかなかうまくいかなかった人もいるかと思います。その中でおっとい嫁じょが使われたとされています。

というのも、夜中に女性が寝込んでいるところ男性が押しかけて、寝ている間に犯してしまうということです。このようにすれば結婚せざる得なくなりますし、そして愛し合っていれば余計道理がいいです。それもあり、女性はこれを待っていたという人もいたのではないでしょうか。

経済的な理由で正式に結婚できない時にも使われた

Pexels / Pixabay

そして当時はあまり生活がうまくいかないような人たちもいました。そのような人たちにとっては働かなければいけないし、働き口もない人のような場合は結婚なんて考えられません。ですが、もし愛し合っているのであれば結婚したい願望はあります。このような時にも使われたのでしょう。

まるでエロマンガ?おっとい嫁じょ以外の日本の誘拐婚

NEXT まるでエロマンガ?おっとい嫁じょ以外の日本の誘拐婚