ミドリガメの寿命は?平均を超えた長寿も?飼育方法や病気なども紹介

野生化するミドリガメが増加?日本各地に分布している

Larisa-K / Pixabay

人気である為に多く飼われていましたが、実際に飼っていたのが途中で責任を放棄し野生化した個体が日本全国に分布し、現在では野生の個体も多く発見できるようになってしまいました。

ミドリガメによる被害とは?生態系を破壊している?

元来この生物は日本古来では無く、輸入された外来の生物に該当します。古来より生息していた亀を攻撃する等生態系にも影響がある為、NPO団体により阻止する活動も実践されています。

2015年にはミドリガメが緊急対策外来種に位置づけられる

Free-Photos / Pixabay

前述した国内の生態系への影響が大きい現状を鑑みて、2019年現在から4年程前になる2015年には緊急対策外来種に認定され、問題の解決を試みています。

神戸などでは「アカミミガメ対策協議会」が設立される

TeroVesalainen / Pixabay

更に、兵庫県神戸等ではミドリガメの一種であるアカミミガメ対策協議会の設立までが行われ、当該生物を始めとした外来の生物の被害を無くす為各種活動が実践されている模様です。

引き取りを行う動物園も存在

congerdesign / Pixabay

前述の問題の拡大を見かねてなのか、野生化してしまった該当種が発見された場合、それを能動的に引き取りを行う動物園も存在する模様です。

静岡県の動物園で

bogdanchr / Pixabay

その動物園は、静岡県は河津町にあるムシ類を中心に展示している施設です。全国から保護の依頼のあった亀を引き取りに行っており、二日賭けて北海道から引き取りをした事もある様です。

手放す理由は様々

fietzfotos / Pixabay

引き取りを依頼する側も、病気の身内の傍にいては悪化する確率が高まる等、やむを得ない理由から手放すケースも少なくない様で、一概に責める事は出来ませんね。

産まれる環境で雄か雌かが違う?

geralt / Pixabay

人間が赤ちゃんを身籠る時、性別が男か女のどちらに決定されるかは、受精した際の染色体により決まる模様です。これが亀になると、実は温度によって性別が異なると言われます。

28度以下は雄の比率が高い

MiraCosic / Pixabay

まず28度以下の環境で飼育をした場合、卵から孵化する個体は雄になる比率が高く、28度から29度の合間の環境なら雄も雌も五分五分の比率になる様です。

NEXT 29度以上は雌の確率が高い