18フリームスの最新のインプレは!?人気リールの性能と評判をチェック!

PE1号にピッタリのモデル

出典:Amazon

ショアからのシーバスでよく使われるラインはPE1号前後だと思います。これを200m巻けるのがLT3000です。PE0.8号なら250m程度、PE1.2号なら150m程度巻けますので、汎用性が高いモデルです。狙うシーバスのサイズや、釣り場の状況(根が荒い磯場なら太いライン等)を元に選んでみてください。

他のラインを使用する場合

ちなみに、18フリームスの場合、上記より細いラインを使う場合でも、ラインナップは揃っています(例:PE0.6号200mならLT2500S-XHなど)が、太いラインの場合少し難しいと思います。ボートシーバス等でPE1.5号等を使うなら、LT3000D-C(PE1.5号300m)などでしょうか。少し下巻きが必要そうです。

18フリームス シーバス使用インプレ

シーバスフィッシング使用インプレッション

非常に軽い(225g)ので7.6ftのルアーロッドに装着しても、購入前に危惧していたバランスの悪さや持ち重り感はさほど感じませんでした。ハンドルを回した感じですが、軽快と言うよりも滑らかと言う感じです。とにかく値段以上に満足感の高いリールです。

(引用:Amazonカスタマーレビュー)

巻き心地も良く、軽量でダイワ自慢の機能満載でコスパが良いと思います。お気に入りのリールとなりました。

(引用:Amazonカスタマーレビュー)

軽量化ももちろん、巻き心地も良くなっているようですね。軽さ、巻き心地、ハンドルのがたつきなど、繊細なルアー釣りに使う上で重要なポイントが、前モデルの15フリームスから大きく改善されています。

18フリームス ④ショアジギングにはLT4000D-CXH

PE2号にピッタリのハイギアモデル

出典:Amazon

18フリームスをショアジギングで使う場合、PE2号が300m巻けるLT4000D-CXHです。軽量でハイギアなところがショアジギング向けモデルですね。ライトショアジギング用には、この番手で下巻きをしてPE1.5号程度を巻き、太いラインを使うならLT5000D-CXH(PE2.5号300m)が良さそうです。

ハンドルノブは一考の余地あり

ちなみに、18フリームスは、上記2機種のハンドルノブにT型ラージノブが採用されています。ショアジギングではラウンド型のハンドルノブが好まれることが多いので、交換するか、上位機種の18カルディアも選択肢に入れる必要がありそうです。

18フリームス ショアジギング使用インプレ

ショアジギング使用インプレッション

届いて手に取った瞬間驚きました。
まず軽い!
巻心地までも軽い!
レブロスより若干飛距離が伸びたような気がします。
これで長時間ルアーを投げてても今までより疲れが減りそうです。

(引用:Amazonカスタマーレビュー)

ショアジギに使わせてもらっています。何せパワーがすごいので、ファイト中もゴリゴリ巻けます。そして本体が軽いため、持ち運び、保管も便利です。いいリールだと思います。

(引用:Amazonカスタマーレビュー)

軽さももちろん評価されていますが、パワーも申し分ないようです。ショアジギングにもばっちりですね。ねじ込み式ハンドルは、がたつき軽減に加え、持ち運びにも便利です。今までのエントリーモデルには無かった機能です。

NEXT 18フリームス ⑤遠投カゴ釣りにはLT5000D-CXH