ハリスツイードは秋冬の定番!小物からジャケットまでご紹介!しまむらでも買える?

寒くなってくるとハリスツイードの商品をあちこちで見かけます。名前は良くきくハリスツイードについてどのくらい知っていますか?実はハリスツイードはブランド名ではなく生地の名前なんです。知っているようで知らないハリスツイードについて詳細やおすすめをご紹介します!

この記事をかいた人

海も山も川も近くにある場所に住んでいます。 自然に恵まれた環境を活かし、楽しい記事を書いていきます。

ハリスツイードとは

“Harris Tweed” とは、ハリスツイード協会所有のブランドです。『生地』の有名な高級ブランドで、産地が定められている世界唯一の生地なんです。協会によってブランド管理が行われており、ピュアヴァージンウール 100%の生地は全て、スコットランドのアウターヘブリディーズ諸島の島民である職人の手織りの最高品です。

スコットランド・ハリス島発祥の生地の名前

1846年レディ・ダンモアがハリス島の職人にマレイ・タータンをツイードで織らせたことが始まりです。模造品から保護するために1905年に制定された登録商標法に基づきハリスツイードの登録をし、ハリスツイード協会によって認められたものにのみ“Harris Tweed”の名とオーブ商標が与えられます。

ハリスツイード協会に認められらものが名乗れる

染色・紡績・加工・仕上をアウターヘブリディーズ諸島の職人が手掛けている事、ピュア ヴァージン ウール100%から作られているものである事、さらに議会制定法が定める要件を満たし、ハリスツイード協会によりオーブ マークが押されているもののみが、“Harris Tweed”と名乗ることができます。

50%ルールについて知っておこう

ハリスツイードの50%ルールとは、ボタン・ふち・飾り・裏地を除く外側表面に本物の “Harris Tweed” 生地を50% 以上使っている製品が、“Harris Tweed” を名乗ることがきます。また、タグの使用方法にも制限があり、ロゴの変更や他企業名と組み合わせることも禁止されています。

ハリスツイードの生地と模様

100年以上変わらないそのクラシックで気品のあるデザインとナチュラルな生地は多くの人たちとデザイナーに愛されてきた高級ブランドです。現在では小物アイテムであれば手軽に手に取れるようになってきています。その耐久性と使い勝手の良さは世代・男女問わずユーザーが居る程です。

羊毛のツイード生地

ツイードとは、太く短い羊の毛の紡毛糸を使って織られており、表面が粗っぽい毛織物のこと。紡毛糸とは、中に空気がたくさん入り軽くて暖かい糸です。ツイードは暖かく防寒性に優れており、秋冬の素材として代表的な存在です。ハリスツイードの生地は手触りが良いのも特徴です。

ヘンリボーン

NEXT ヘンリボーン