実は美味しいタカノハダイ!その釣り方から食べ方までをご紹介!

一般的なレシピ

お刺身なので特にありませんが、やはり肝を傷つけず、すばやく処理することが他の魚と同様、美味しくお刺身をいただく秘訣です。脂が甘く感じる程なので、スダチをしぼって、醤油でいただくのがさっぱりしていて、お勧めです。珍しい魚のお刺身はワクワクしますね。

タカノハダイの美味しい料理法と食べ方③

アクアパッツァ

ちょっとオシャレにアクアパッツァはいかがでしょうか?難しそうに見えて実は簡単!切った具材をまとめてオリーブオイルをかけて、蒸し焼きにするだけ。自然と色とりどりの具材を使えるので、いつもの食卓が華やかになります。

一般的なレシピ① 下ごしらえ

タカノハダイは洗って、ウロコを落とし肝を出しておきましょう。あさりは砂抜きしておきます。にんにくと、パセリを刻んでおきます。フライパンや、平たい鍋を準備し、オリーブオイルをひき、にんにくを軽く炒めます。

一般的なレシピ② 調理

ミニトマトと白ワインをお好みで入れ、蓋をして蒸らします。中火で蒸し焼きにすること5分。砂抜きをしたあさりを入れ、さらに5分待ちましょう。蓋を開けて弱火にし、2分ほど煮立たせると完成は間近。最後にお好みでパセリを振れば完成です!

タカノハダイの美味しい料理法④

塩焼き

魚といえば、やっぱりこれ!塩焼きも非常に美味で、磯臭さも軽減します。もともと脂がよく乗っているので、そぎ落とすことで、程よい脂感となります。アウトドアで食べる焼き魚は一番のご馳走ですよね。屋外で炭火を使って自分で釣ったタカノハダイを焼く、、、考えただけで流涎ものですね。

一般的なレシピ

直火やグリルで焼く時は、鱗はそのままでも大丈夫です。鱗が焦げてパリパリになるまで焼きましょう。そこまで焼ければ、簡単にはがれるはずです。鱗とともに塩が落ちてしまうので、もう一度軽く塩を振ったら、かぶりつきましょう!もちろん下処理として鱗を剥がしてから焼いても大丈夫です。フライパンなどで焼く際は鱗を落としましょう。

タカノハダイの美味しい料理法⑤

ソテー・バター焼き

バターの風味が白身魚と絶妙にマッチし、香り豊かに仕上がります。酒と塩で洗えば磯臭さも軽減します。身がふんわり仕上がるので、しっかりした身がやわらかくなります。もともと脂感が多い魚なので、バターは風味づけ程度とした方が美味しくいただけます。

NEXT 一般的なレシピ