キスは刺身もうまい!簡単なさばき方や気になる寄生虫についてもご紹介

キス釣りの基本情報

キスは北海道南部以南、つまり北海道から九州まで日本全国1年中いつでもどこでも釣れます。ただし、旬な時期が産卵前となるので6月から8月までが最適です。防波堤や砂浜などが主な釣りポイントです。

本来キスは肉食性で、青イソメやゴカイ、ヨコエビや小さいかになどを食べています。通常は水深50m前後くらいまでの浅場に生息しており、日が落ちると砂の中に潜る習性があります。肉食性なので、キス釣りの餌となるのは基本的にイソメ類となります。

釣り方

キスを釣るには、本格的な投げ釣りとは違う「チョイ投げ釣り」で釣りに挑みます。この釣り方は小さなおもりの付いた仕掛けを軽く投げ、海底を探りながら釣る方法のことを言います。仕掛けの投げ方自体は10分から15分練習するだけで誰でもマスターできます。

さらに詳しくキスの釣り方を知りたい方はこちら

キスを刺身で食べるなら旬に

シロギスは日本に限らず朝鮮半島から中国沿岸、台湾やフィリピン辺りまで広い範囲で生息し一年中釣れることで人気がありますが、1番美味しく頂くにも旬があります。まずはその旬な時期と刺身の美味しさについてご紹介していきます。

キスの旬は春から夏

そもそもキスにはシロギスとアオギスがいますが、繊細でクセがなくて美味しいのはシロギスです。一年を通して出回っているキスは、どんな魚でも産卵後は味が落ちてしまうので、産卵前となる春から夏にかけて、6月から8月にかけてが旬となり、最も美味しい時期となります。

基本的にシロギスは全国の底の浅い沿岸で釣れ、そのほとんどが各産地で消費されていますが、主に市場に流通しているものは三重県や千葉県などから入ってくるものが多いとされます。ただし、近年漁獲量が減っているため、価格も上昇傾向にあります。

旬のキスの刺身のおいしさ

シロギスの白身は、淡白すぎるほど繊細で非常に甘みがありとても美味しいです。そのまま素材だけの味でも大変美味しくいただけますが、醤油や塩、ポン酢などの様々な薬味と合わせて食べるのも面白いです。

他にも風味の豊かな皮付きの刺身は非常に上品で甘みが増し、絶品です。通常さばく際に剥がしてしまう皮を、鱗を処理した後あえてそのまま残します。白身だけの場合とは違った風味豊かな皮付きの刺身もまたオススメです。

刺身を美味しく食べるために!キスの締め方を知ろう!

キスの刺身を美味しく頂くためには、釣った直後にきちんと締めて持ち帰らなければなりません。魚を締めると聞くと難しく思えてしまいますが、ここではその中でも正しく簡単な締め方をご紹介していきます。

締めることでよりキスの刺身がおいしくなる!

釣り上げたばかりのキスを刺身にしておいしく頂くためには、鮮度を保って持ち帰ることが重要となります。魚にストレスを与えると魚肉に含まれたアミノ酸(旨味成分)が分解されてしまうので、クーラーボックスに入れる前に、余分なストレスを与えずに必ず締めるようにします。

キスの締め方①:氷締め

氷に漬け込んで身の熱を取り去る方法で、1番手間のかからない方法です。まずは氷を入れたクーラーボックスに海水を用意し、キスを釣り上げたらすぐに入れるようにします。締め終わったらクーラーボックスの尻栓を緩め海水を抜きます。これで終わりですが、この方法が最も簡単で最善の方法であり、それでいて鮮度抜群のまま持ち帰れます。

NEXT キスの締め方②:神経締め