廃墟だったリバーサイドモール!起こった事故や跡地の現在など詳しく紹介

リバーサイドモールとは、岐阜県に存在していたショッピングモール。その後は廃墟と化してしまいましたが、跡地には大型商業施設「イオンタウン本巣」ができ、その激変ぶりが話題に。今回はリバーサイドモールが廃墟となった経緯や事件概要、そこから復活までの道のりなど紹介。

この記事をかいた人

読書とゲームを糧に生きる趣味人です。

リバーサイドモール跡地とは?イオンタウンとして復活した廃墟

出典:PhotoAC

株式会社「リオ横山HD」がオープンした、当時としてはかなり大きいショッピングモールです。しかし、開業から紆余曲折あって閉鎖。しばらく廃墟と化していましたが現在はイオンタウンが跡地に建てられ、生まれ変わっています。

リバーサイドモールの歴史について紹介!誕生から解体されるまで

出典:PhotoAC

華々しくオープンを飾り、そのまま続いていくかと思われたショッピングモールですが、2011年には事実上の閉鎖、という事になってしまいました。期待されていたモールで何があったのでしょうか。開業から閉鎖までの歴史の流れを解説していきます。

1992年に岐阜県最大級のショッピングモール「リオワールド」がオープン

「岐阜県の中で最大級」という触れ込みで1992年、「リオワールド」という名前でオープンしました。107もの店舗と2600台の駐車場という開業時の様子からもオーナー側の強い意気込みが感じ取れます。

比較対象として、同年付近に開業したショッピングセンターの駐車場が概ね広くても1100台ほどだった、という事実を見ても相当広い敷地面積だったということは想像に難しくないでしょう。本当に期待されていたのです。

2000年にアミューズメント施設を含む「リバーサイドモール」が完成

その後、2000年3月にリオワールドの道路の向かい側にアウトレットや映画館、さらには温泉、娯楽施設からなる巨大複合施設が完成します。これほどの規模のアウトレットは2000年当時としては時代の先を行った施設でした。

また、これらに加えて興正寺の分院を内部に誘致した寺院モール、薬局や診療所を入れたメディカルモールを建設し、中部で一番大きなショッピング地域としての「リオタウン」を作成するという構想があったようです。

右肩下がりの頃に同市内にショッピングモール「モレラ岐阜」が出現

出典:PhotoAC

しかし、順調に構想通り進んでいるかと思いきや業績は悪化。右肩下がりが続きました。さらにこの頃、本巣市内にライバルとなる更に大きいショッピングモールがオープン。競合が激化し、客足が遠のいていきます。

2007年にリバーサイドモール施設内アトラクションで負傷事故発生

出典:PhotoAC

更に事件が起こります。モールに当時あったセガの娯楽施設に置かれていたサッカーゲームで、遊んでいた児童の指が切断されるという痛ましい事故が起きてしまいました。これは後に詳しく解説したいと思います。

その後にリバーサイドモールは閉鎖され2017年に解体されることに

出典:PhotoAC

そして、2011年に臨時休業として事実上の閉鎖。その後長い間廃墟となっていましたが、ついに2017年に解体。この後跡地にイオンタウンの建設が始まり、現在は激安スーパーをはじめとして様々な施設が集まり、人気となっています。

モール自体は廃墟となってしまいましたがこちらは人気のキャンプ用品アウトレットです。キャンプ愛好家から人気のブランド、モンベルの記事はこちらです。

リバーサイドモールが廃墟と化した経緯とは一体

NEXT リバーサイドモールが廃墟と化した経緯とは一体