スミイカの釣り方&レシピを紹介!コウイカとの違いはなに?

エギングの仕掛け

エギングは人工の疑似エサ「エギ」を使用する釣り方です。コウイカのエギングでは、エギを軽快に操りコウイカの重量にも耐えるために硬めの仕掛けが向いています。ロッドは2.5~4号のエギをあやつれるように硬めのロッドが適しているので、硬さはミディアムヘビーかヘビーを選びましょう。
ロッドの長さはエギを操りやすい8.3~8.6ftほどがおすすめですが、エギング用のロッドならばどれでも問題はありません。リールは2~3000番、ラインはナイロンやフロロカーボンではなく、感度のよいPEラインがエギングに適しています。

ダウンショットリグの仕掛け

ダウンショットリグとは一番下にオモリを置き、途中で分岐したリードの先にエギをつける仕掛けです。こうすることでボトム(海底)より少し上にエギを位置させることができます。エギングの弱点である根掛かりの多さが少なくなる利点があります。
タックルはエギングと同じで問題ありません。オモリは10~15号を使用。分岐は三又サルカンで40~60cm程度伸ばしましょう。エギはスッテにしてもOKです。オモリにはスナップサルカンを使っておくと具合をみての交換が楽になります。

スミイカの釣り方

前述したようにスミイカは夜が釣りやすいです。エギングとダウンショットリグにわけて釣り方を紹介します。この2つは仕掛けは違いますが、釣り方に大きな違いはありません。好みによりどちらを選んでもよいでしょう。

エギングの釣り方

スミイカは海底に生息しているのでエギを海底付近に落とします。スミイカは海底にいるエサを食べているため、シャクリやフォールは必要ありません。海底をズルズル引きずる感覚でゆっくりと巻いてください。スミイカはエギに食いついても強く引かないので当たりがわかりにくいですが、少し重くなりますのであわてずにフッキングしてください。

ダウンショットリグの釣り方

潮の流れが速かったり水深の深い海ではダウンショットリグのほうが向いています。スミイカは海底を離れて上がってくることはあまりないので海底付近をねらって落とします。エギングと同じで海底に着地したらあまり動かさずに、止める、ゆっくり巻く、を繰り返します。当たりがきたらフッキングだけはしっかりとおこなってください。

スミイカのタックル

スピニング N-ONE エギングモデルNSE-862EH

スミイカ釣りに合うロッド

出典:Amazon

エギング専用でイカ釣りに最適なロッドです。4号の重めのエギを使っても余裕のある硬さで、8.6ftはスミイカ釣りで取り回しのよい長さです。レビューも好評でイカでの良好な釣果報告が多く入っています。スミイカねらいなら選んで間違いのないロッドです。

NEXT ダイワ スピニングリール 15 レブロス 2506