スミイカの釣り方&レシピを紹介!コウイカとの違いはなに?

スミイカとコウイカとの違い

スミイカは関東周辺の呼び名で、本当の名前はコウイカといいます。関西では先端が針状になっているのでハリイカと呼ばれています。分類的にはコウイカ目コウイカ科に属していて、日本近海では「シリヤケイカ」と「カミナリイカ」が同じコウイカ科です。一般的にはコウイカと呼ばれているものはスミイカと同じものという認識で間違いありません。

上はカミナリイカです。色や模様がスミイカに似ているので間違えやすいです。関西では紋甲イカと呼ばれています。違いはよく見るとコーヒー豆に似た模様があることです。個体は他の2つのイカとくらべて大きくなりやすく、料理に使いやすいイカです。
上はシリヤケイカです。模様が他の2種類とは違うため判別がつきやすいです。関東ではマイカとも呼ばれます。他の2種類と違って、先端にでている針状のものがありません。胴の先端からイカ墨とは違う茶色の液を放出し、胴の先が焼けたようになることからシリヤケイカの名前がつきました。服を汚すことがあるので要注意です。

スミイカの釣り方&レシピのまとめ

スミイカ釣りは難しそうに見えますが、仕掛けをしっかり作ればエギングは特別なアクションがあまり必要ないため、初心者にもある程度の釣果がのぞめます。そのあとにはイカの魅力的な定番レシピが待っていますのでぜひトライしてみてください。