ユメカサゴって?生態やおすすめレシピなどご紹介

ユメカサゴの特徴

ユメカサゴは、ぱっと目をひくような鮮やかな色で、赤いまだらな模様があり、腹部分が白っぽいのが特徴です。おなかが黒いので、口の中をのぞくと黒いことから「のどくろ」と言われています。実際に口の中を見るとぎょっとする黒さです。外見の美しさのギャップに驚く方も多いかもしれません。

どのくらいの大きさ?

大きさは25センチ~30センチが多いです。大きいと40センチ以上になるものもいます。

とげがあるのも特徴

背びれや頬にとげがあります。

水族館にもいるってほんと?

ユメカサゴは深海魚として、水族館で見ることもできます。見た目も美しいので、見た人を楽しませてくれる魚です。ユメカサゴを飼育している水族館は全国に多数ありますので、お近くの水族館に立ち寄った際には、ぜひお客さんを魅了するかわいいユメカサゴに会ってみてください。

ユメカサゴの釣り方

深いところで暮らしている魚のため、船釣りがおすすめ。船釣りでなければ、堤防などの釣り場から海底スレスレを狙いましょう。

ユメカサゴは冬が旬!

年中通してどの季節でも釣れるとされていますが、寒い時期、特に冬が一番釣れる時期とされています。旬の美味しいユメカサゴを食べたいのであれば、冬に釣るのがおすすめです。

ユメカサゴ釣りにつかうエサはこれ

エサは、イカタン・サバやサンマの切り身・ホタルイカなどを用意しましょう。

ユメカサゴの価格

市場で販売されているユメカサゴの値段は、小さいものだと、300円前後。少し大きくなると、700円前後のものから2000円以上のものまであります。大きくなればなるほど値段が高くなります。大きいものはやはり高くはなりますが、特に獲れやすい冬~春にかけては比較的安く販売されているスーパーも多いので、気軽に食べることができます。

NEXT どこで買える?