ユメカサゴって?生態やおすすめレシピなどご紹介

おすすめレシピ⑤鍋

白身魚は鍋に最高に合いますよね。くせのない味なのでどの味の鍋にも合いますが、できればあまり味付けのされていない出汁で食べるような鍋がおすすめです。鍋の素を使う場合は、水炊きや寄せ鍋の素などがいいと思います。鍋にするのであれば、小ぶりのものよりは白身のたっぷりある少し大ぶりのものだと出汁もしっかり出て美味しいです。切り身以外のあらの部分も一緒に入れると美味しいお出汁が出て最高です。具は白菜・ネギ・豆腐・えのきなどシンプルなものがおすすめです。お好みで鶏肉のぶつ切りなども入れると、また違った出汁もプラスされて美味しくなります。

おすすめレシピ⑥あら汁

あえておすすめとすることもないかと思いますが、上記で紹介したようなお刺身などで余ったあらの部分を使ってお味噌汁にするとこれも絶品です。くせもないので美味しいお出汁だけしっかり出してくれて、お店で食べるようなあら汁を自宅で食べることができます。作り方は、あらに付いている血のかたまりなどを洗い流し、臭みをとるために熱湯をまわしかけます。あとは普段使われる出汁(なくても大丈夫)と水を沸騰させ、あらを入れて味噌で味をつけるだけです。苦手でなければ、ショウガも入れると一層臭みがとれて味も美味しくなります。具はお好みで大丈夫です。ネギだけなどでも充分高級感ある味になります。

まとめ

のどぐろとして耳にすることが多くなったユメカサゴ。少しいいお寿司屋さんや、料亭などでお鍋が食べれたり、高級なところで食べるというイメージも強い魚ですが、お魚屋さんに立ち寄った時、探してみると意外と近くで見つかるかもしれません。見た目も深海魚ならではの神秘的できれいなかわいいお魚です。水族館などでは見るだけで癒しをくれます。そしていろいろな美味しい食べ方もあるユメカサゴの魅力は無限で、今後も私たちを魅了してくれることでしょう。