あさりの砂抜きは簡単!手順や時間などについてご紹介

あさりの砂抜きの手順:その④

あさりを食塩水に浸したらまずはしばらく様子を見てみましょう。きちんと砂を吐けているかどうかを確認して大丈夫そうであれば、あとは砂を完全に吐きだし終えるまで待つのみ!三時間ほどおいてみましょう。様子によっては水を入れ替えてください。

冷暗所で保存する

バットは安定した冷暗所において保存しましょう。冷蔵庫でもかまいませんが、冷えすぎる場所に置いておくと砂を吐くのに時間がかかる場合もあるため注意してください。よほど気温が高くない限り、ふきんや新聞紙を蓋代わりに軽くかけてそのままおいておくだけでも十分だと思います。

塩水が飛ぶので注意

管からぴゅっ!と水が吐きだされている様子は見ていて面白いですが、しかしそのままで置いておくとバットの周りが濡れてしまいます。バットを覆う蓋代わりの新聞紙は、吐いた水の飛び散りを防ぐためにも役立っています。

あさりの砂抜き:ポイントと注意点

動画もぜひ参考にしてみてください。最初からあさりが死んでいるというわけでなければ、これで手順の紹介は終了です。失敗を減らすためにもここではあさりの砂抜きの手順についてのポイントや注意点を、いくつかご紹介していきたいと思います。

寒すぎるとうまく砂をはかないので注意

冷蔵庫の冷えすぎる場所におくといけないのは、寒すぎると動きが鈍く、砂を十分に吐いてくれない場合があるためです。よほど気温が高くない涼しい春先は暗くしてあげるだけで、冷蔵庫には入れなくても大丈夫です。しかし、暑すぎるとさすがに悪くなってしまうのでそのときは冷蔵庫においてあげましょう。

放置のし過ぎに注意

紹介した動画はあさりが空気に触れられるようにしてありますが、あまり長時間塩水につけてそのまま放置すると死んでしまうことがあります。その原因は酸欠です。

数時間あれば基本できることなので、あさりを弱らせないよう気をつけましょう。潮干狩りでとったばかりのものは念入りにしてもいいと思います。

死んでいるかも?その特徴

そもそも死んでいるあさりは砂抜きをできません。死んでいると思われる特徴をお教えしたいと思います。とは言え、砂抜きの時点では確認できないことも多いです。火を通しても開かないもの、あるいは火を通す前から開ききって全く反応のないものは死んでいると考えていいでしょう。

死んでいなくてもあさりに元気がなく砂抜きができていなさそうに見える場合は、塩水の塩分濃度が濃いか薄いか、あるいは寒すぎるかです。触れたり揺らしたりして反応があれば生きているのでまずはそれを確認してみましょう。また、スーパーで売られているものはある程度砂抜き済みのものもあるためそもそも砂がない場合も。

お湯で時短できる!?

実はあさりの砂抜きはお湯を使うことで時短できるという裏技が!しかも必要なものが「お湯」「容器」のみなのです。まずはお湯を準備します。このとき、熱湯ではなく手で触れられる程度の温かさのものを準備してください。あとは手順も簡単。ただこのお湯にあさりを投入しこすってもみ洗いするだけ!

お湯に入れることであさりがびっくりして水を吐きだしてくれます。その後、そのまましばらく放置しておしまいです。簡単ですよね。気になる方はもう一度お湯でもみ洗いしてください。全行程が15分程度で終了してしまうので時間がない方にはこちらもおすすめです。

潮干狩りはレジャーに最適!

皆さんは潮干狩りをしたことはありますか?潮干狩りはこれからの季節、特にゴールデンウィークに最適のレジャーです。お子様から大人まで幅広い年代に楽しまれ、とれたものは実際に料理して食べることができます。こちらでは潮干狩りにおすすめのアイテムなどをご紹介していきたいと思います。

潮干狩りのおすすめアイテム①熊手

何があってもこれは絶対に準備しておきたい必須アイテムです。釣り具屋さんやホームセンターなどでお求めできます。先端が尖った針のようになっているので、人の多い場所での持ち運びには特に注意しましょう。比較的お手頃価格で手に入れられます。

NEXT 潮干狩りのおすすめアイテム②軍手