キス釣りのエサで1番おすすめなに?エサの種類や付け方をご解説します!

海釣りの中でも比較的釣りやすく、ファミリーに人気なのがキス釣りです。しかし、せっかく家族で釣りにでかけるのですから、一匹でも多く釣って帰りたいと思われる方が多いのではないでしょうか。実は、キスの釣果を上げるためにはエサ選びがとても重要なのです。では、キス釣りのエサは一体何が良いのでしょうか?おすすめのエサや付け方をまとめてみました。

この記事をかいた人

キス釣りの魅力とは

キスは、海釣りの中では比較的釣りやすい魚といわれており、海釣りの入門魚として有名です。またキスは白身で淡泊なので、どの料理にしてもおいしく食べることができ、釣って帰ったあとも楽しむことができるのが魅力です。

釣り入門魚として釣りやすいのが魅力

キスは海底が砂地になっている場所なら砂浜や防波堤から狙うことができる魚です。時期と時間帯が合えば比較的簡単に釣れるので、釣り入門魚として人気があります。また、キスは20匹ほどの群れで行動していることが多いので、一匹釣れると同じ場所で続けて釣ることができると言われています。

キスは美味しく食べられる

釣れたキスは美味しく食べることができるのも人気の理由です。キスの代表的な食べ方は天ぷらですが、白身で淡泊なクセが無いので、フライでも焼いてもおいしく食べられます。また、新鮮なものは刺身にすることもでき、上品な味わいを楽しむことができます。

 キス釣りではどんなエサの種類があるの?

キスは肉食性の魚で、海底の砂の中に潜んでいる生物を捕食しています。キス釣りで使うエサは、キスが普段食べているものを使用することが一般的です。では、キス釣りではどのようなエサが使えるのでしょうか。詳しくご紹介します。

 青イソメ

青イソメはゴカイ科に属する環形動物です。韓国で養殖され日本に輸入されていることが多いので、朝鮮ゴカイとも呼ばれています。海釣りの万能虫エサともいわれているほど色々な魚が好んで食べます。日本にいるジャリメ(ゴカイ)よりも体が太くて長く、体が硬いという違いがあります。

ジャリメ

青イソメと同じゴカイ科に属する環形動物です。イシゴカイ、スナイソメなど地域によって呼び名が違うことがあります。日本の海岸付近の海底の砂に穴を掘って生息しています。青イソメよりも、体が細くて短く、体が軟らかいのが特徴です。

オキアミ

キスは砂の中に生息するヨコエビなども摂食しています。また、場所や時期によってはエビ類を中心に摂食していることがあると言われています。そのため、オキアミなどのエビ類もエサとして使うことができると言われています。

疑似餌

最近では、キスの好むゴカイ類に似せた疑似餌が発売されています。魚が好む匂いが配合されているので、魚を誘引しやすい効果があります。また、疑似餌なので、青イソメやゴカイを触るのが苦手な人でも扱うことができ、生き餌ではないので保存ができるのも特徴です。

キス釣りでおすすめのエサは?

NEXT キス釣りでおすすめのエサは?